2015年5月5日火曜日

アナキンROTS Luxeon 4

なんだかんだと回り道してきたFXアナキンもようやく大詰めです。

まずブレードホルダーの塗装。ホントはウレタン塗料のテストをしたかったんですが・・

今回はちょっと時間が無いので、プライマーを吹いた後に普通のアクリル塗料で塗装しました。


 
そしてスイッチの位置変更なんですが、FXの基盤の起動スイッチはオルタネイトスイッチです。

オルタネイトの場合、モメンタリスイッチと比べると機構的にどうしても少し大きな物に

なってしまうため、取り付け方法にかなり悩みました。

そんな折、某巨大掲示板でモメンタリの入力をオルタネイトに変換する方法が紹介されていました。


http://www.fx-sabers.com/forum/index.php?topic=20234.msg304899#msg304899
このように配線を繋げる、というもの。


この方法を紹介して下さったのは、マット・ソーン(Matt THORN)さんと仰る方で、

おそらくは日本で唯一のカスタムセーバーショップ「光刃工房」を運営しておられます。


某掲示板では、この他にも商売そっちのけで色々と為になるアドバイスをして下さる方なんですが、

本業は「大学のせんせ兼翻訳者兼評論家」とのこと。学校にこんな先生いたら最高なんですけどね。

で、さっそくこのLighthound Keychain Flashlightを注文しようと思ったら・・・

二色とも売り切れ!これ、おそらくアメリカやヨーロッパのワーキングセーバーマニア達(マットさん含むw)が

買いあさったんじゃないかと思います。普通に考えたらそんなにバカ売れする物でもないだろうし・・・


(1/18)追記
実はこんなのも使ってみようとしてました。



これ、単四乾電池一本で5mmの砲弾型LEDを光らせる耳から引っ掛けるタイプのライトなんですが、

入力がモメンタリで、点灯を保持するタイプのようなので買ってみました。

しかし、出力端子でテスターを当てたところ約3Vの電圧がかかってました。

つまり1.5Vの乾電池の出力を3Vに変える、昇圧型のDC-DCコンバータ内臓だったんです。

それでもなんとか使えないものか、といろいろやったんですが、なかなか上手くいかず。

これでどうだ?と思って配線つないでみても基盤の挙動が明らかに異常だったり・・・

そのうちに基盤をこわしてしまいそうな匂いがプンプンしてきました。

もっと電子部品の扱いに長けている人ならなんとかできたのかも知れませんが、私の場合は

「あーもう、こうなったら意地でもオルタネイト付けてやるよチクショウ」

と、半ば逆ギレ気味に使用を断念したのでした。

(追記ここまで)

しょうがないのでジャンクパーツ屋で買っておいたスイッチの中から、一番小さい

オルタネイトスイッチを選び、銅ボタンの台座のパーツを切り抜いてはめ込みました。








スイッチが台座に対してかなりタイトにはまり込んでいるのでそう簡単には動きませんが、

一応裏からエポキシ接着剤で補強してあります。

ベゼルと銅ボタン。







ベゼルも内側をルーターとヤスリで削り、ボタンは高さを調節するために削った後、

裏側にエポキシパテを詰めてあります。







これに配線を半田付けした後、M2のビスでブレードホルダーに固定。

ベゼルと銅ボタンは、後々のメンテナンス等で外す時のことを考え、少量の木工用ボンドで固定しました。

これがスイッチOFFの状態



 これがスイッチONの状態です。








スイッチのON/OFFで高さに差が出てしまいますが、まぁ許容範囲かと。

ちなみに普通にスイッチとして使う場合とは逆の、いわゆるb接点(押し込んでOFF)に配線を繋げてあります。

あと、こんなのも買ってきました。






水道の補修パーツなんですが、これともともとのFXのブレードを使って






エミッタープラグ(っぽいもの)を造ってみました。

かなりやっつけで作りましたが、暗い中で点灯すると





まぁまぁそれなりに、それっぽく見えます。どーですかこのやっつけ具合。


そしてついに完成!!
 
 


 
いや~長かった。

最初はコンバージョンキットに組み替えるだけなんだから楽勝だろう、と高をくくっていたんですが、

何せ分からない事だらけだったため、色々と試行錯誤する時間が長かったです。

しかし自分の習作として、既成品のFXライトセーバーの改造を選択したのは正解だったかな、とは思います。


・・・さて、次はいよいよ本当の意味での自作第一弾、ルークROTJです。(相変わらずぼちぼちと、ですが)

2 件のコメント:

  1. 初めまして。ニックネーム:シャウと言います。本日これと同じルークのEP3のライトセーバーを購入したのですが、ブレードと光量upでこのサイトにたどり着きました。突然で申し訳ないです。
    このカスタムで部品代等でどれ位かかるものなのでしょうか。
    工具代は別として可能ならやってみたいです。
    振り回してたら折れそうな気がして。
    またブレードが邪魔で飾れないというのも。。。
    お時間ある時で構わないのでアドバイス等お願いしたいです。

    返信削除
    返信
    1. シャウさん

      初めまして。ご覧いただき有難うございます。
      FXアナキンの改造についてですが、必要なパーツ類はほとんど
      TCSS(The Custom Saber Shop)で揃えることができると思います。
      http://www.thecustomsabershop.com/

      僕の物と同じような仕様での改造であるなら、TCSSから購入するのは
      ・MR or Hasbro FX Anakin conversion kit  $33.64
      ・Luxeon Rebel Star(Blue)         $7.00
      ・"TCSS style" Show blade 1" OD       $27.44
      ・Collimator Lens 8.7 deg viewing angle  $2.50
      ・Cree/Rebel Lens Holder          $0.75
      ・Star thermal tape pad          $1.00

      あたりになるかと思います。$1=120円でざっと計算して約8700円+送料といったところでしょうか。

      実際の作業に関しては、僕なんかの記事よりも、こちらが参考になると思います。
      http://forums.thecustomsabershop.com/showthread.php?3-05-MR-Anakin-Done-amp-kits-available

      ただし今現在、FXアナキンのコンバージョンキットは品切れしているようなので
      入荷を待つ必要があります。
      それともう一つ、ブレードが外れないタイプのアナキンEP3モデルは
      MasterRepricas製とHasbro製とがありますが、Hasbro製の場合(僕のもそうでしたが)コンバージョンキットが
      すんなりと組みこめない可能性がありますので、それなりに加工してやる必要があるかも知れません。

      アナキンモデルの改造は何かと面倒な部類に入ってたりするのでちょっと苦労するかもですが、
      光量アップするだけではなく元のブレードのようなLEDの断線の心配も無くなりますし、
      なにより愛着がわくのでお勧めですよ。

      削除