2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 9 とうとうこの時が…

やってきました塗装工程。ホント、自分にとっちゃ一番の難関です。

この数カ月、イメージトレーニングだけは頭の中で十分やってきました。本番に向けてのテストもやりました。

「大丈夫、いける!」と自分に言い聞かせます。でもシンナー風呂の用意は万全だったりします。

ところで今回のこのルークROTJの塗装や表面処理に関しては、プロとしてのえぬむらさんのアドバイスと共に

PS STUDIOの番頭さん、ぷりん頭氏のブログの記事を参考にさせていただきました。

PS STUDIOさんは、(ご存じの方も多いと思いますが)ワーキングセーバーではなく

素晴らしいプロップの数々を作出されています。ぷりん頭氏のブログを拝見し、ワーキングセーバーとしての限界はあるものの、

「こんなふうに綺麗なセーバーを自分で作れたらなぁ…」とインスパイアされまくりだったんですが、この度、晴れて

「パクリ元」としての引用の許可を頂きました。ので、そりゃもう堂々とパクらせて頂きますw


今回は

必要な個所にマスキング

プライマー(ミッチャクロン)

黒塗装

マスキング剥がしていらない塗装面を削って整え

もう一回全体にプライマー

クリヤー塗装

の手順で行きます。


まずはマスキング。ネックはこんな感じで・・


イメージ 9

蛇腹はこんな感じ。ちなみに持ち手に使ったのは、FXブレードの中身の白いやつ。

イメージ 10

蛇腹の凸部分等はマスキングせずに塗装した後、表面を削ってアルミ部分を露出させる方向で。

これは前回のテストの結果、厚塗りしやすい代わりに乾燥が早いウレタン塗料だと

マスキングによる綺麗な塗り分けが非常に難しそうに感じたからです。

エアブラシ用にシンナーを多めに配合した分、念入りに重ね塗りをしていると、その間にも最初に吹き付けた

塗料の層が硬化を始め… という具合で、非常に焦ります。「塗料の硬化の早さ」にここまで焦らされるのは初めての経験でした。

なので吹き付けてある程度しっかりと色が乗ったら、一息置いてすぐに、まずはネックパーツの

必要な箇所のマスキングを剥がします。

イメージ 11

なんとか、大きな欠け等は無く剥がすことができました。

しかし蛇腹部分のエミッター側のマスキングを剥がすときに塗膜の欠けが生じました。

イメージ 12

正直、ここはネックで隠れるので多少ギザギザになってもいいかな、という感じであまり気にしていなかったんですが

予想以上に大きく欠けたのでビビりました・・・ 一応、ギリギリネックで隠れる範囲内でしたが、

あとで筆塗りで補修しました。

イメージ 13


こんな感じで吹き付け完了。なんとか大きなホコリ等もあまり付着せず塗装することができました。

で、これを見ていたら(予想通り)我慢できなくなって、ちょっと組んでみたりして。

イメージ 14

イメージ 15

蛇腹の頂点の部分が黒いだけで、全然印象が違います。

これでアクティベーションBOXとポンメルの間が黒かったら、ぱっと見はオビワンROTSのように見えますね。


しかしいつまでもこの状態を眺めているわけにもいかないので、蛇腹の塗装を削り落す作業に入ります。

木片に600番のペーパーを当て、くれぐれも余分な傷をつけないように慎重にドリルレースしていきます。

イメージ 1

イメージ 2

うん、やはりこの方法にして正解でした。多分、マスキングテープで対応しようとしたら、僕の作業の要領の悪さでは

塗料とアルミ地肌の部分の境目が目も当てられないことになっていたハズ。

イメージ 3

ネックパーツの外周も同じようにペーパーで整え、これで塗り分け完了。

・・・と思ってエアブラシを掃除して、残りの塗料を始末した後にサーキットボードを塗り忘れていることに気がつきましたorz

まぁボード下のプレートは作り直すし、その時でイイや・・・


まだこれからさらにクリヤー塗装が必要ですが、久しぶりに「本来の」カラーリングになったルークROTJ Hero。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

すぐにバラすんだからよせばいいのに、クリスタルシャーシとか組み付けてみたり。
イメージ 8

半年以上、ネック以外はアルミ色一色の状態だったのでなんか妙な違和感がw

あとはクリヤーを綺麗に吹き付けられれば・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿