2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 7 「実用的な塗装」を目指してのテストをしてみた

 相変わらず、なめてんのかってくらい製作と更新のペースが遅いヤマビコですコンバンハ。

ちょっとずつでも進めていこうと思います。

いよいよルークROTJの塗装に入るわけですが、今回は「二液性アクリルウレタン塗料」というやつを使います。

車のボディーやヘルメット等の塗装に使われる塗料で、かなり強靭な塗膜が期待できるため、

触って遊ぶワーキングセーバーにはうってつけだと思ったからです。

そのへんのホームセンターではなかなか手に入らないので、ぺいんとわーくすさんから取り寄せました。


イメージ 1


2Kブラック、パナロックシンナー、マルチトップクリヤーQRと、それぞれの硬化剤です。

今回はこれらの塗料を、プラモデル用のエアブラシを使って塗装します。

あと、有機溶剤はなめたらアカン!ということでこれも新調しました。

イメージ 4

これさえあれば気分はベイダー卿です。

本来、スプレーガンと強力なコンプレッサーを使って吹き付ける塗料のため、プラモデル用のエアブラシだと

パワーが足りずに塗料の粘度に負けてしまうのではないかという懸念がありました。


イメージ 3

そのため、シンナーの配合比率をメーカー推奨よりちょっと多めにします。でも一旦吹き付けたら早く乾燥してもらって

表面にホコリ等が付着するリスクを減らしたいので、乾燥時間が短めの冬用シンナーを購入しました。

で、いきなりセーバーに塗装するのもちょっと怖いので、以前ヒルトを切削加工した時に切り取った、

元のヒルトの不要部分を実験台にします。念のためもらっといて良かったなぁ、コレw

イメージ 5

こんな感じでテキトーにマスキング。

イメージ 6

さっそく吹き付けてみました。

イメージ 7

イメージ 8


エアブラシでも思っていたよりは違和感無く吹けます。ただやはり気を抜くと、吹き始めに塗料が固まって噴射

されやすい感じです。まぁこの辺は気をつけて塗装すればなんとかなるでしょう。

吹き付けた後、ホコリよけも兼ねてソッコーで食器乾燥機に放り込み加熱しました。

あと気になるのは時間の経過による乾燥具合と、マスキングテープをはがすタイミングです。

とりあえずちょい早め、10分程度経過した時点でマスキングをはがすとこんな感じ。

イメージ 9


そのあと更に1時間弱放置して、もう一か所のマスキングをはがすと・・・
イメージ 2

ほんのすこーしですが、塗料が欠けてしまいました。まぁ今回はあくまでテストということでプライマーを

吹いていないせいかも知れませんが、やはりマスキングを剥がすタイミングは考えなければダメですね。
とりあえずテストは終了。エアブラシを使うこと自体かなり久しぶりな上、未経験のウレタン塗料を使うので

結構緊張してたんですが、思っていたよりはすんなり塗装出来そうな気がしてきました。

ちなみに二つ上の写真でも一部欠けてますが、これは塗料の乾き具合を確かめるために
ちょっと爪でひっかいてみた跡です。

0 件のコメント:

コメントを投稿