2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 5 さらにシャーシ部分を作り込む

  
イメージ 1あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『ほぼ出来上がったと思って安心していたクリスタルシャーシが
一か月たってもまだ完成していなかった』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

ただの怠慢だとか作業する時間が無かっただとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしい
『いろいろ詰め込もうとし過ぎて完全に製作ペースを見失うパターン』
の片鱗を味わったぜ…


のっけからスイマセン。しかしホントにまだシャーシ周りを作ってるとは思ってなかった・・・

それというのも前回の記事を書いた後、その状態でしばらくセーバーをいじってたんですが、

どうにも納得いかない部分が出てきまして・・・

前回のシャーシの造りだと、蛇腹部分をくるくる回してヒルト本体から外し、クリスタルを露出させる時に

スライドさせ過ぎるとそのまますっぽ抜けてしまいます。(そのつもりで作ったので当たり前ですけど)

クリスタルを露出させる度にすっぽ抜けを心配して、そーっとスライドさせなければいけないのも

何かさえないなぁ・・・ ということで、抜け止め機構を組み込むことにしました

まず、短く切ったφ6のアルミ棒の両端にネジを切って、2.7mmの鉄キリで縦に貫通しておきます。
イメージ 2


蛇腹とエミッタを連結する、このアルミボルト。これも既に配線を通すための穴をあけてありますが・・・
イメージ 9

このボルトの蛇腹側の部分の穴を拡張し、M6のタップを切ります。
イメージ 14

イメージ 15


で、ここに先ほどのφ6アルミ棒で作ったボルトを連結します。
イメージ 16


先端には、板ナットをグラインダーで削った物を付けてあります。この部分をシャーシに引っ掛けて

すっぽ抜けを防ごうというわけです。・・・が、実際に組んでみたところ、確かにすっぽ抜けることは

無くなりましたが、スライドする幅が非常に狭くなってしまいました。

一杯までスライドさせてもこんな感じです。
イメージ 17


スライド幅はせいぜい30mm。まぁそれでも十分クリスタルは見えるんですが、

イマイチ物足りない・・・ 見た目もさることながら、「シュコンッ」とスライドする手ごたえを期待していたのに

擬音で表現するなら「コッ」という感じ。動く幅が小さすぎるんですよね。

それなら、ということで、φ10のステンパイプでこんなパーツを作りました。
イメージ 18

この中にφ6の中空アルミボルトを通し、2段構えでスライドさせることにしました。

アルミボルトやシャーシのパイプの長さを調整し直し、組み付けた状態。普段はこうやって収まっているのが・・・
イメージ 19

クリスタルを露出させる時は、こうなるわけです。これなら限られたスペースでも、十分なスライド幅が期待出来ます。
イメージ 20

これに蛇腹を組み付け、実際にスライドさせると・・・
イメージ 3

約40mmのスライド幅の確保に成功。手ごたえもなかなかイイ感じになりました。


次は肝心のクリスタル。これまで使っていたのは透明な水晶なんですが、やはりブレードに合わせて

緑色の石を使いたくなりました。加えてこのセーバーの場合、シャーシのスペースが絶対的に狭い上、

4本のφ4パイプに囲まれた中にクリスタルを収めるため、もうちょっと大きめの石にしないと

存在感があまり感じられないような気がしたので、緑色のフローライト(蛍石)を使うことにしました。

ただ、大きさと形と色を都合良く兼ね備えた石はなかなか見つからないので、アクセサリー屋で

フローライトの「ポイント」というやつを購入。(この形のをポイントっていうんですね。知りませんでした)

イメージ 8


これをダイヤモンドシャープナーで豪快に削り、形を整えます。部屋の中が石を削った粉だらけになりましたw

1000番相当のダイヤモンドシャープナーで削った状態。
イメージ 10


表面がすりガラス状になっているので、これを2000番の耐水ペーパーで水研ぎします。
イメージ 11


写真だとちょっと微妙ですが、結構綺麗になりました。フローライトは比較的硬度が低く、非常に加工しやすいです。

そのかわり、加工完了後の取り扱いには十分な注意が必要です。特に先端部分は欠けたりしやすいので。


そしてもう一つの大問題。

スライドさせられる幅を大きく確保出来たのは良いんですが、その分、中に通す配線に工夫が求められます。

試しに普通の配線を収縮チューブで束ねたものを通してスライドさせてみたところ、

長さがダブついた配線がシャーシに引っかかってしまい、上手く収納することができませんでした。

蛇腹をスライドさせて伸ばした状態で40mm、収納した状態で10mmのスペースに都合よく収まり、

且つ蛇腹をネジ込むときの回転にも耐えうるようにするには・・・  これはかなり悩みました。

しかし、必死こいて考えれば何とかなるもんです。これを使うことにしました。
イメージ 4

極細のカールコードです。これなら伸縮にも、回転にもある程度耐えてくれるハズ。


イメージ 5


こんな感じです。シャーシを構成するワッシャーも不要な部分を切り取り、極力引っかかる要素を少なくしました。

そしてようやく組みあがったのがこれです。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 12

イメージ 21

イメージ 13


これでやっとクリスタルシャーシ部分は完成です。(多分)

今現在、サウンドボードが手に入らないのを良いことにかなりゆっくりやってきましたが、

さすがにもうちょいペースアップしたいところですね・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿