2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 4 中身にこだわってみる

前回、写真を載せていませんでしたが、実は加工時に「おまけ」で作ってもらった部品がもう一個ありました。
それがコレ。

こんな風にヒルト側にネジ込めるようになっています。

この上にフレームを組み付け、そこにクリスタルを仕込もうという作戦。

ちなみに今回の部品加工は仕事でもお世話になっている、ちょっとしたツテのある加工屋さんにお願いしたんですが

完成したらセーバーを持っていきなり乗り込んでいって、

「こんなの作ってたんだよーオラオラオラ」とブンブン振り回したほうがインパクトがあるな・・・

とかバカなことを考えているため、これが「ライトセーバーのおもちゃ」であることをまだ明かしていません。

そのため部品の一つ一つについて詳細を説明するのに苦労しました。ブレードソケットについて話しているときも

私「内径は25.5mmで、外側にネジを切って・・・」

加工屋「これだと結構小さいネジ山しか切れないけど大丈夫?何に使うの?・・ってかコレ何?」

私「ええと、中に直径25.4mmのポリカーボネート管を突っ込んで固定して・・ときどきちょっと振り回す程度」

加「振り回す?」

私「うん。だからそこまでの強度は無くても大丈夫だと思う」

加「ふ~ん・・・で、コレ何?何かのシャフト?」

私「いや、・・・ちょっとした、個人的なおもちゃ」

加「???」

みたいな。


いやまぁそんなことはどうでも良いんですが、グラフレックスを使ったセーバーなんかだと

基盤やスピーカー、電池などをフレームに全部まとめて組み込み、

そのまま中身だけを一体のまま抜き取れるようになっていることが多いようですが、

今回のルークROTJの場合、ネック部分の構造上、シャーシを完全に一体型にするのはちょっと難しそうです。

なので一体型はあきらめ、蛇腹の中に作ったスペースにシャーシを収め、その先のメインLEDに伸びる配線はコネクタで接続、

分解するときには配線を引き出しコネクタを外す、といった方法を採ることにしました。

やや不安が残る構造ですが、まぁ基本的に鑑賞用だしそんなに問題ないでしょう・・・



「フォースの導きに従って」(適当に)購入した部品の数々。まずはこの中の銅ワッシャーと、φ4の銅パイプで作ってみました。

パイプカッターで銅パイプを切断


ワッシャーに穴を開けてパイプを通し、台座のパーツの上に固定

こんな感じになったんですが、ちょっと問題が。今回のセーバーの蛇腹部分の内部スペースの直径は23mmです。

この銅ワッシャーは、パッケージに外径22mmサイズと書いてあったのでちょうど良いと思ったんですが

実際の外径は約21.4mm。これだけ差があると、クリスタル部分を露出させた状態でスタンド等に

セーバーを飾った場合、セーバーが「へ」の字、もしくは「逆へ」の字に曲がってしまいます。

なにか良い方法は・・・と考えていたある日、何気なく工具箱にあったφ27の「超硬用ホールソー」の内側のサイズを測ると

これがなんとぴったり23mm!これしかない、ということで銅板に穴を開け、切り抜かれた部分を使うことに。

 
このままだとバリも酷いし、ジャストサイズ過ぎて蛇腹には収まりません。なので




ドリルレースして周りをならしつつ、ほんのちょっとだけ外径を小さくします。すると・・・
 
どーですか、この絶妙なクリアランス!このまま水鉄砲にも使えそうなくらいのピッタリさ加減!

同じようにアルミ板からもパーツを作り、メインフレームとなる銅パイプは
 
作って一週間で、やはり色がかなりくすんできていたので、素材をステンレスに変更しました。
 
フレームを露出させ、ポンメルに近い部分を持ち上げてもセーバーはほぼまっすぐを保ってくれて一安心。

で、もうちょっといろいろやってみようということで、φ5の真鍮パイプを輪切りにしたものを

ステンパイプの周りに適当に配置して・・・
 
 
中に水晶と5mmの砲弾型LEDを仕込みました。(水晶はまだ固定していませんが)

LEDの頭の部分は、ヤスリで適当に削ってちょっとクリスタルっぽい雰囲気にしてみました。

で、点灯するとこんな感じに。 




まだ水晶の固定と、フレームの付け根のあたりにいくつか適当なパーツを配置してそれっぽくする、

という作業が残っていますが一応シャーシの形は出来ました。日曜日を2回潰しましたけどね・・・




0 件のコメント:

コメントを投稿