2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 3 職人技に感動する

加工をお願いしたルークROTJのヒルトが予想よりずっと早く戻ってきました。

まずは全体像。これが・・・

こんな感じになりました。


今回の加工で一番の悩みどころであったのはエミッター。ヒーローセーバーのエミッターには

スタントやV2に見られる、イモネジ用の穴がありません。

なのでブレードの固定はネジ込み式にしてしまおう!ということで、外周にネジを切った

ブレードソケットを作ってもらいました。
 

 このソケットにブレードを差し込み、ネジを切っていない部分の外側からイモネジで固定し




 ブレードの装着は、ブレードごとくるくる回して締め込みます。





ちなみに画像ではアナキンのブレードを拝借して撮影したんですが、外れなくなるのが怖いので

奥まで差し込んでいません。

ブレードホールを開ける以上突起は削り取らなければいけませんが、それだとちょっと寂しいな、ということで

突起を再現したエミッタープラグを作ってもらいました。

分割部分にはどうしても薄い溝ができてしまいますが、ちょっと離れたところから見れば全く気になりません。



蛇腹部分とヒルト本体部分は分割してもらいました。蛇腹側におネジ、ヒルト側にめネジが切ってあります。

このネジ部分を削り出す関係上、元の円筒形のヒルト部分は切り取り

ヒルト本体は新しく硬質アルミの棒から削り出してもらってます。設計しているときに

「これだけやるなら、まるまる1本新規で削り出しても良いんじゃ・・・?」

という考えが頭をかすめましたが、そこには気がつかないふりをしながら作業を進めました。

 
ヒルトとポンメルの接合部。
 
ここもヒーローバージョンであるが故イモネジを使わずに、ということで

リング状の異径ソケットで繋ぐ方法を取りました。実はここの部分、ちょっと設計ミスしてます。

というのもヒルト本体側の、めネジの切りこみをこのソケットの寸法ぴったりで設計してしまったため、

ポンメルを閉め込んできっちり固定した時の角度が調整できません。すると・・・

エミッター側からセーバーを見てコントロールBOXを12時の方向とした場合、4時~5時くらいの位置に

今は外してある、トライアングルリングがきてしまいます。ホントは1時くらいの位置に持っていきたいところ。

ちょっと怖いけど、後からこのソケットを削って微調整しなければいけません。

やらないかも知れませんが。




旋盤加工を待っている間に、コントロールBOXの穴を開けておきました。

LEDを仕込む三角穴をもうちょっとシャープに仕上げたかったんですが

厚さ約1.2mmのアルミに1辺が約4mmの三角穴を開けるのは結構大変で、周りが傷だらけになってます。

まぁ表面を磨いて傷を消して、LEDとかスイッチとか付ければ多分気にならなくなるから良いや、ということで。

それよりも、このサーキットボードとその下のプレートを固定するのがかなりやっかいでした。

もともと何の引っかかりも無いコントロールBOXの上に接着されていただけのこのプレート。

サーキットボードは外れるので、隠れて見えなくなる部分からビス穴を開け

プレートとBOX、ヒルトを1本のビスで固定するんですが、ビミョ~に位置がずれるんです。

皿ビスで固定し、サーキットボードの下はツライチにするためにプレート側にテーパーをつけてあるので

ビス穴だけでなく、テーパーを広げてやらないとビスを閉め込んだ時にまたずれてしまいます。

手ヤスリでテーパー状の穴を作って微調整するのに、それだけで2時間くらいかかりました・・・



ブレードは1インチにするか3/4インチにするかでかなり迷いました。

旧3部作のセーバーだし、3/4インチにしようかとも思いましたが、

「1インチにした方が、相対的にネックの細さが際立ってカッコ良く見えるんじゃないだろうか」

という理由のみで1インチブレードを採用しました。強度的な不安は残りますが。


今回作成した加工図面の一部です。

「CAD?なにそれ?」状態だった私は最初、手書きで図面を引こうと思ってたんですが

このブログをチェックして下さっている、セーバー仲間のえぬむらさんの多大なご協力を頂き、

まがりなりにもCAD図面を仕上げることができました。

これ、手書きでやってたら少なからず精度が落ちていたことと思います。

ホントにお世話になりっぱなしで申し訳ない。この場を借りて改めて御礼申し上げます。有難うございました。

・・・ってまだまだ完成したわけじゃないんですけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿