2015年5月6日水曜日

ルークROTJ Hero 16 課題を残しつつ、一応出来ました。

一年近く取り組んできた、ルークROTJ Heroのワーキング化。ようやく完成が見えてきました。

このセーバーは構造上、エミッター側のLEDから、ネック→蛇腹の順番で

配線を接続しなければならないので、特にメインLEDの固定と半田付けが厄介そうです。




と、その前にまずブレードを作ります。

TCSSのブレードチップに貼りつけてあるミラー状のプレートは完全に光を遮るので、ブレード先端側から見ると

先端だけがちょっと暗くなってしまいます。

これを解決するのに、光刃工房のマットさんは電子部品等の包装用フィルムを使われているようですが

どこで手に入るかが分からなかったので、僕の場合はこれを使ってます。

イメージ 1

またしても車の窓用フィルムですが、今回はミラータイプです。

これをブレードチップに貼りつけてやると、ブレード先端まで結構良い感じで光ってくれます。

イメージ 9

後はポリC管の中にOPPフィルムを50cm×4巻、2mほど突っ込んでやるわけですが、

今回はメインLEDとレンズがブレードの中に侵入してくる構造なので、ブレード自体よりも

ほんのちょっと短めに切り揃えました。

イメージ 10

後から長さを調節するのは非常に難しいので、フィルムの切り出しをとにかく慎重に行いました。

この後、ヨッシュさんに倣ってフィルムの端を半田ゴテで軽く融着した上で、

フィルム全体がずれるのを防ぐために、接着剤で固定しました。

イメージ 11

ちなみに、ポリC管とブレードソケットは3方向からM3のイモネジで固定してあります。

これでこのセーバー専用のブレード完成。

次にメインLEDですが、これが(覚悟はしていましたが)すっごいやり辛かった…

ネック部分の芯になっているボルトのど真ん中に穴を開けて配線を通しているので、

まずエミッターパーツの底面に配線を逃がすための溝と、LEDを固定するためのネジ穴を作ります。

イメージ 12

この配線を押さえつける形でLEDを固定し、半田付けしたのがこの状態。

イメージ 13

この半田付け作業を、蛇腹部分までが組み付けられた状態のエミッターを覗きこむようにして

やらなければならなかったのがキツかったです。

エミッターのクリヤ塗装部分に半田ゴテが触れたらアウトなので…

後は、ブレード内部にすんなり収まるように少しだけ外周を削ったレンズをLEDに被せて固定。

イメージ 14

これで蛇腹から先の作業は完了です。




次にメインヒルトへのサウンドボード等のインストール。

とりあえず配線を繋いで、電池やDCコンと一緒に放り込んでみたら、こんな感じになりました。

イメージ 15

イメージ 16

う~ん… 一応部品自体は収まるんですが、ここから配線+リレーを収めようとするとキッツキツです。

配線関係の接続は極力コネクターを付けてやりたかったんですが、どうも無理っぽい。

仕方ないので配線を出来るだけ短くして、分岐接続部分を整線し、DCコンを小型の物に変えました。

クラッシュフラッシュ用のリレーもかなりスペースを食うので、こんなのを買ってきました。

イメージ 3

3Vの高絶縁リレーです。マルツパーツ館の実店舗にて発見。動作チェックしてみるも問題なし!

普通の3Vリレーよりもかなり小さいので、だいぶスペースを稼ぐことができます。

スピーカーは当初、コントロールBOXの下あたりに仕込もうかと思ってたんですが

スペース的にどう考えても不可能なので予定変更し、ポンメルに仕込みました。

イメージ 4

φ23の小型スピーカーをポンメルパーツの底に直接接着し、ネジ込みの影響を少しでも緩和するために

ホットボンドで配線をセンター寄りに固定してあります。

サウンドホールはポンメルの底に空いた直径φ4弱の穴のみなんですが

スピーカーを底面にピッタリと密着させてやると、結構な音量を得る事が出来ました。

ポンメルの底全体がスピーカーの役割を果たしているような感じでしょうか。(細かい理屈は分かりませんが)

最終的に、配線はこんな具合になりました。

イメージ 2

なんかもう、クリスタル部分とかの「見えるところ」にこだわってきたシワ寄せが

見事に集約されている感じです。

ここまでくればもう楽勝…と思ってたら意外に苦労したのがコントロールBOX。

イメージ 5

スイッチをちょうど良い高さになるようにスぺーサーをかまして固定するのと、

LEDの出っ張り具合を赤、緑で極端に差が出ないように調整するのが結構難しく、

LED自体を何回か作り直すはめになりました。



そんなこんなでなんとか一応、ワーキングセーバーと呼べるシロモノになりました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 17

あと残っている課題は、クラッシュセンサーの調整です。

現状だとセーバー自体を強く振った時なんかは結構良い感じで反応するんですが

ブレードに加わった衝撃に対しては反応がイマイチ…

とはいえセンサーの位置はほとんど動かす余裕が無いので、最悪の場合センサーを

もう少し敏感な物に作り直すかも知れません。

近日中に動画と、FX-Sabers投稿用の「ちょっと良い写真」を何とか撮影して改めてUPする予定です。

あ、いま気付いたけど三角リング付けて無いや…

0 件のコメント:

コメントを投稿