2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 10 やっぱりいろいろ問題発生・・・

「できるだけこまめに更新キャンペーン」実施中のヤマビコです。

えー、まず正直に告白します。

先週、黒塗装を終えた時点で、

「なんだ、思ってたより上手くいったし、結構良い感じじゃね?」

みたいなノリになり、さらには

「しまったな、全体写真を載せるのはやめときゃよかった…クリア塗装しても絵的にはあまり変化ないから
インパクト薄いな」

とか考えだし、あまつさえ

「そうだ!次はちょっと撮影方法に変化をつけてみよう!」

なんてことを企んでいたんですよ。生意気にも。

でもそれらは見事に杞憂に終わりました。

最初、多分苦労するだろうな~と思っていた蛇腹部分は、クリア塗装まで結構すんなりいったんですよ。

問題はメインのヒルト部分。プライマー吹き付けの時点から、ゴミが付着したあとの処理が上手くいかなかったり、

上手くいったと思ったら食器乾燥機の中でパーツが倒れて台無しになったり・・・

この辺、こと細かに書こうかと思ったんですが、書いてみたらクソつまらない長文になったので割愛します。

なんとかクリア吹き付けにこぎつけたんですが、ここでも問題発生。

吹き付けていると、ところどころで噴射された塗料が、白い粉状になってしまいました。

これはネックパーツですが、こんな感じ。


イメージ 1

最初、いわゆる「かぶり」かな?と思ったんですがなんかちょっと違うような・・・

どうやら、エアブラシから噴射されてパーツにたどりつくまでの間に塗料が硬化を始めてしまい、

パーツの表面にたどりついた時には粉状になってしまっているっぽいです。

ちなみに汚くて申し訳ないんですが、これが作業後の塗装ブース(換気扇付き衣装ケース)の写真。

イメージ 2

パーツを通り越して後ろに通過したクリア塗料の霧が、見事に「積もって」いました。

・・・プラモ用の塗料って、こんな風になったっけ?プラモ造ってたりしたのがあまりに昔過ぎて

イマイチ覚えてないんですが、やはりこれは硬化が早いウレタン塗料ならではなのでは、と思います。

標準よりも多めにシンナーを配合したつもりだったんですが(メーカー推奨の約1.5倍)、

この感じだともうちょいシンナーの量を増やした方が良いかも知れません。

塗料が粉状に付着してしまった箇所も、上からシンナーを吹き付けてやるとちゃんとクリアになってくれました。

それは良かったんですが、今度はシンナー吹いた跡が見事な「ゆず肌」に。

うまくクリアコート出来れば、最後に研ぎ出しをしなくても良いかな~と思ってたんですが、

こりゃもう、研ぎ出す前提で厚塗りするしかない、と作戦変更して、入念に重ね塗りを行いました。

で、次に研ぎ出し工程。重ね塗りの最後の最後、気を抜いた瞬間に

塗料をドバッと噴射してしまった箇所の修正から。1500番のペーパーを当ててならします。

イメージ 6

↓の写真の、光が当たっている部分がゆず肌になっているのが分かるでしょうか?

イメージ 7

これ、現物を見ると結構気になるんですよ。「梨地風」とか言い張ろうかとも思いましたけれども。

大きな段差の修正が終わったら、今度は2000番に番手を上げて、全体をできるだけ均一に、かる~く研磨します。

イメージ 9

すると・・・

イメージ 8

見事なまだら模様が浮かび上がってきました。このまだら模様が目立たなくなるまで

今度はより慎重に、全体を研磨します。

イメージ 10

イメージ 11


アルミの地肌を削ってしまわないかと思うとヒヤヒヤしましたが、

しつこく厚塗りをしたおかげで最悪の自体は免れることができました。

このあたりになってくるとノリノリでどんどん行きます。

イメージ 12

コンパウンドを、細目→仕上げ目の順で使って磨き込みます。

細目で磨いたのがこの状態。↓

イメージ 13

そのあと更に仕上げ目で磨き込んだのがこの状態です。↓

イメージ 3

…写真だとあんまり違いが出て無いような気が。

仕上げ目での研磨が終わった後、な~んかビミョーだな~と思ってシリコンスプレーで磨いたところ

明らかに表面のテカリというか、透明感が変わりました。

ということは、表面にまだ細かいキズがあるためにくすんで見える、ってこと。かな?

なのでソフト99の液体コンパウンドを使い、さらに磨き込んで・・・今、こんな状態です。

自分の手の写り込みがチョット嬉しい。

イメージ 4

今回、予想に反してスムーズに作業完了した蛇腹部分はこんな感じ。

イメージ 5

クリア塗装終わったあとになって、ヒルトの研磨ムラが凄く気になり始めてるんですけどどうしたものやら。

エミッター、ネック、ポンメルの各パーツは現在、鋭意乾燥中であります。

ウレタン塗料の塗膜は、硬化してしまえばやはり強いです。アクティベーションBOXで隠れる部分を

爪でかなり強くひっかいてみましたが、全く剥がれる気配無し!すごい安心感です。

バフ掛けした後の生アルミは、素手で触ると細かいスリキズが付いたりするので、綿の手袋必須でしたが

ようやく、心おきなく素手でいじくりまわせるようになりました。

しかし、今週中には塗装終わると思ったんですけどねー、終わりませんでした。

このご時世に有り難いことに、そろそろ仕事が忙しいサイクルに入ってきそうなので

もう一頑張りして、なんとか早いとこ塗装を仕上げたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿