2015年5月5日火曜日

ルークROTJ Hero 1 プロップレプリカ

海外のショップに発注したLEDはまだ届きません。そろそろ来ると思うんですが。

で、LEDを待っている間にヤフオクで落札したこのセーバーが到着しました。




ルークROTJ Heroです。詳細は不明のファンメイド品です。

このセーバー、個人的には劇中に登場するものの中では一番好きなセーバーです。

こだわる人から見れば突っ込みどころはあると思いますが(蛇腹の不規則さが再現されていないとか)

全体的になかなかバランスのとれた、良い造りですごく気に入りました。


アクティベーションボックスもいい感じ



ちなみにボックス横の黒いボタンと、赤、緑の三角形のパーツは

接着されているだけだったので外してあります。

というか、分解しようと躍起になってたら外れてました。

このサーキットボードと、エミッター下のネック部分は銅製です。


こんな感じで分解できます。

ヒルト本体とポンメルをつないでいた黒い六角ボルトは、レンチのサイズが3/16インチ(約4.7mm)

インチの六角レンチの、しかも結構長いやつなんてその辺じゃ売ってません。

5mmの長いボールレンチを買ってきて先端をグラインダーでちょっとずつ削り、無理やり外しました。


これにどうやってLEDや音声基盤を仕込むかを考えます。

エミッターに1インチブレードを差し込むための穴を開けるのと、

本体、ポンメルの中空化は手作業ではちょっと無理なので、金属加工の工場にお願いする予定です。

何か自分で作業できるところは無いか、と思っていたところあることに気がつきました。


このボルト、まず蛇腹部分に接続し、ネック部を挟む形でエミッターをくるくる回しこんで

固定するようになってるんですが、これがアルミを削り出した物のようです。

このボルト自体を貫通する通線孔をあけてやれば、蛇腹から先のネック部は加工しなくても済むじゃん!

というわけで電動ドリルに3.8mmの長めの鉄工キリをつけてボルトを縦に貫通してみました。

ボルトとかビスは鉄かステンレス製であることが多く、加工はしんどいと思っていたんですが

アルミ製だったのはラッキーでした。

とりあえず今できるのはここまでです。あと自分でやるとしたら、起動スイッチと赤、緑のLEDを

アクティべーションボックスにしこむつもりなので、その部分の加工ぐらいでしょうか。

まだ構想段階ですが、夢はふくらみます。

でもその前にアナキンROTSを仕上げねば・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿