2015年5月6日水曜日

ルークV2 prop 3 スタッフAに思いを馳せながら

明けましておめでとうございます。

年をまたぎつつ、V2のウェザリングに励んでおりましたヤマビコです。

塗装を剥がしたもののなんだか気に入らなくて、一旦シンナーに漬けてまた塗って剥がして・・・

ということを何回か繰り返していたんですが、ようやく一応のカタチになりました。


イメージ 6

セーバー本体の表面の仕上げの違いによるものなのか、

場所によって塗料の食いつきの差がもー激しいこと激しいこと。

特にブースターパーツと、エミッターの平面部分はしっかりと塗料が食いついていたため

剥がすのにかなり手こずりました。

で、以前番頭さんもブログに書かれていましたが、蛇腹とかグリップ部分の、手で触れる箇所はともかく、

エミッターの上面とかが結構激しい剥がれ方をしてるのは何でだろう?・・・なんてことを考えながら

作業をしているうちに、以下のような仮説(妄想)が浮かんできました。



オビANHスタントをルークのセーバーに流用して行われた、Return Of The Jedi の撮影。

撮影開始当初(削除された、セールバージ爆破後のシーンとか)はほぼ真っ黒だったセーバーも

撮影が進むにつれボロボロと塗装が剥がれおち、なんだかみずぼらしくなってゆきました。

それを見かねたのが小道具係のスタッフA。彼は

「いっそのこと思い切って塗装を剥がして、ブラックとシルバーのツートンカラーの

セーバーにしちまった方がcoolだぜ!」と思い立ち、勢いで塗装を剥がし始めました。

このとき、彼がイメージしていたのは、シルバーエミッターバージョンの

ファーストビルドV2だったのでは無いでしょうか。

しかし剥がし始めてみると、思ったよりも大変な作業であることが分かりました。

撮影中はあんなに簡単に剥がれおちてきたのに、いざ手で剥がそうとなると、場所によっては

結構しっかりと塗料が食いついていて、簡単に剥がれてくれません。

とりあえず剥がせるだけ剥がしてみたものの、エミッター上面を半分ほども剥がしたあたりで、

彼はもうこの作業がイヤになりました。そしてその状態で改めてセーバーを見ているうちに、

「これはこれでイカスんじゃないか?」と都合の良い方向に考えるようになった彼は剥がし作業を投げ出し、

そのまま撮影に使うことにしました・・・・・



以上妄想。

ま、スタッフAとかじゃなくマーク・ハミルが撮影の合間の暇つぶしにパリパリやってたのかも知れませんが、

とにかくV2の塗装の剥げは、「道具として使っているうちに生じた自然な剥がれ+意図的な剥がし」

によるものじゃないかな~と。 なので、多少剥がれ方として不自然に見えても説明がつくな・・・

ということで自分で勝手に納得出来たので、剥がれ具合はあくまで自分の好みとイメージ優先で決めました。

イメージ 7

イメージ 2

イメージ 8

件のエミッター上面とかはちょっと剥がし過ぎた感もありますが、雰囲気が気に入ったのでこれで良し。

組み立てるとこんな感じです。

イメージ 9

イメージ 1
イメージ 10

イメージ 3


イメージ 4イメージ 5

まだ最後のクリヤーは吹いていません。ツヤ有りにするかツヤ消しにするか、まだ迷ってます。

でもぺいんとわーくすのHP見ると、ウレタンクリヤーに混ぜるフラットベースって扱いが難しそう・・・

ホントは全部仕上げてから更新しようと思ってたんですが、

明日から仕事なのでどうしても一段落させておきたかったんです。

なので多分、次回の更新はクリヤー吹いただけの地味~な内容になると思います。

というわけでなんだか新年一発目から微妙に中途半端な記事でスタートですが、

今年もよろしくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿