2015年5月6日水曜日

ルークV2 prop 2 予想通り?の計画変更発生

ウレタン塗料で黒く塗ってみました。 ・・・ダメでした。

とりあえずプライマーは吹かずに、アルミに直接塗料を吹きつけてみたんですがどうにも・・・

剥がしのウェザリングをしようと思うと、絶望的に難有りということが判明。

吹きつけた箇所によって塗料の食いつき加減にかなりの差があったんですが、特に食いつきが悪かったのが

蛇腹の溝部分。ここの塗料を、頂点のアルミ色の部分から少しずつ爪で剥がそうと思ったんですが

剥がしたくない部分まで一気にべロンと剥がれてしまいました。

その気になるとこんな風に剥がすこともできちゃったりします。


イメージ 1

見事に蛇腹の溝一週分の塗膜が、まるでシールのように剥がれました。

塗料の食いつきの悪さと、硬化した後のウレタンの塗膜の強さが見事に悪い方向にマッチしてる感じです。

それでもエミッターの横っ腹の部分や、オビANHでいうブースターの部分は比較的

塗料の食いつきが良かったんですが、基本的に細かく剥がれた表現が非常に難しい。

他のパーツもある程度剥がして試しましたが、大雑把な感じにしか剥がせませんでした。

ので、場合によっては「ミッチャクロン→ウレタン」も試そうかと思っていたんですが予定変更。

「ミッチャクロン→プラモ用塗料」で塗装し、最後だけウレタンクリヤーで仕上げることに。

プラモ用塗料を久しぶりに買いました。なんだかラッカー系塗料の匂いが懐かしいw

で、塗装したパーツ群がこれです。

イメージ 2

クランプで隠れる部分は塗装せず、テープを巻いてあります。

エミッターだけは、塗料の剥がれ具合をチェックするためにエッジの部分をちょっと剥がしてありますが

これでファーストビルド状態のルークV2の出来上がり。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こうして見ると、ファーストビルドとして仕上げるのも良いなーとか思いますが・・・

でもやっぱりウェザリングで仕上げたいので、しばらくこの状態を眺めて楽しんでから

塗装の剥がしに入ろうと思います。

そしてまたもやパクリネタですが、番頭さんのクランプのアルミ巻きをマネしてみました。

(大元はHIROさんとおっしゃる方のアイデアなのかな?)

ただそのままパクるのもアレなんで、アルミじゃなく0.1mm厚のステンレスで試作してみました。

こんな風に寸法を測って切りだして・・・

イメージ 6

レバー用の穴を開けて折り曲げた後、クランプに巻き付けて密着させます。

イメージ 7

イメージ 8

まだ穴を開けなければいけませんが、けっこうキレイ。

アルミとステンレスの両方で試してみたんですが、ステンの場合はちょっと固すぎて

端面を内側に折り込むことが出来ませんでした。なのでクランプの幅よりちょっとだけ狭く切り出して

斜めにずれないように巻きつけてあります。

でも、これを使おうかどうしようか、まだ迷ってます。

仕上げを、クリヤーそのままでピカピカに仕上げるか、フラットベースを混ぜて艶消しに仕上げるか・・・

このセーバーなら艶消しも似合うかな~と思うんです。が、その場合クランプだけがやたらと

テカテカしてるよりも、GRAFLEXの文字むき出しのほうが渋いかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿