2015年5月6日水曜日

ルークV2 prop 1 ちょうど一年前に・・・

思い起こせば昨年の11月、ワーキングのベースにするROTJルークセーバーを探していた時でした。

Heroセーバーが出品されていたのとちょうど同じ時期に、「PS-STUDIO Luke V2 最後の一本」

がヤフオクに出品されていました。

正直、どちらに入札しようか迷いました。2本いっぺんに、ってのは金銭的にちょっとキツイし・・・

迷った挙句、Heroセーバーを選択したわけです。

当時、Heroセーバーを出品されていた方に質問してみたところ、Heroのほうはある程度細かく分解可能で、

内部に多少なりともスペースがあるっぽい、(少なくとも、ボルト貫通タイプではない)ということが

わかったから、というのも理由の一つですが・・・

何よりPS-STUDIO製のセーバーをワーキング用に改造する、ということに抵抗を覚えました。

なぜかと言えば、その時既にPS-STUDIOさんのHPや番頭さんのブログの作例を見ていたからです。

あれだけのクオリティを持つセーバーレプリカをワーキングに改造するのは

やってはいけないことと言うか・・・一言で言えば「無粋」だな、と。

この辺はあくまでも個人的見解ですが。

その後、詳細不明のHeroセーバーのワーキングを開始したわけですが、程なく猛烈に後悔しました。

「V2買っときゃよかった・・・!」(もちろんワーキングのベースとしてではなく、プロップとして、です。)

まぁHeroを買い逃したら逃したでそれはそれで後悔してたと思いますが、

とにかくそんなこんなで一年間、悶々としてたわけです。

で、なんでこんな駄文をツラツラと書いてるのかというと。

手に入ったんです、V2が。


イメージ 1

イメージ 2

先日、何気なくヤフオクをチェックしていたところ売りに出されていたこのセーバー。

セーバー本体だけではなく、パークスのクランプとブラステックのサーキットボード、Dリングまでセットで

かなりのお買い得価格で落札させてもらいました。(出品者様有難うございました。)

ここ数日、表面のくすみや汚れ等を取るために、細目のコンパウンドでちょっとづつ磨いてました。

Heroと並べて記念撮影。

イメージ 3

イメージ 4

写真だと分かりにくいですが、Heroよりほんのちょっと太いです。というかHeroが細いのか。

今まで写真では何度も見てきましたが、手に取ると改めてこのセーバーの

ディテールの細かさと美しさに気がつきます。蛇腹の間隔が不規則なのは知っていましたが

溝の切りこみの大きさも微妙に不規則になってる部分があったり、塗装するとほとんど分からなくなるような

部分にまで薄く溝が掘ってあったり、微妙にテーパーに削ってあったり・・・

ってPS-STUDIOさんでの販売開始から2年以上も経ってからこんなレビューするのも

物凄いイマサラ感ですが、いいじゃん。もうホクホクなんですよ、今。

このセーバーも、ウレタン塗料での塗装を考えています。ので、以前も登場した、Heroセーバーの

メインボディだったパーツでちょっとテストしてみました。

イメージ 5

イメージ 6

マスキングのテストの時に、プライマー無しで吹きつけた塗料がそのままだったので、適当に爪で引っ掻いて

塗料の剥がれ具合をチェックしたところ、結構イイ感じで剥がれてくれます。

ただ、アルミむき出しの場所から塗膜に向かって爪を立てた時は良いんですが、↓のような

イメージ 7

この平面の部分。この真ん中あたりだけを剥がそうと思って爪を立てても、塗膜にキズすら付きません。

ちょっとびっくり。プライマー吹いて無いのでいけるかな~と思ったんですが。

これを無理やり剥がそうと思うと、おそらくセーバー本体に傷をつけてしまうので

以前、ヨッシュさんのブログでえぬむらさんが言っていたように、塗料吹きつけ前に

あらかじめオイルを塗る作戦で行こうかと思います。

イメージ 8

V2用のパーツでは無いんですが、先日、RPFでstormpath氏から直接譲って頂いた

オビANH用のトランジスタも一緒に。

オビANH・ルークV2(オビスタント)・ルークHero と、セーバーの系譜を感じられるような

ディスプレイがしたいなぁ… と、早くも妄想だけは突っ走ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿