2015年5月6日水曜日

Parks と Russ の オビANHを比較してみる その1

先日、性懲りもなくパークスに発注してしまったMkⅢ Flash saber が届きました。


イメージ 1

今年はこれをガンガン改造して、ワーキング化しようと思います。

(「今年は」とか4月下旬に言うことじゃありませんが)

改造のコンセプト(?)は、「できるだけディテールを追求しつつ、結構丈夫なヤツ」。

このオビANHやルークROTJのようにネックが細く、物理的に強度の確保が難しいデザインのセーバーを

ワーキング化しようと思う時、僕の場合、基本的な優先順位としては

ディテール>強度>サウンドボード等の機能

となります。(激しいチャンバラ前提で作るセーバーの場合は別ですけど)

とはいえ、ルークROTJの時はあまりにも強度を置き去りにし過ぎた感がありました。

なので今回は、できるだけディテールを追求しつつもある程度のチャンバラをしても大丈夫なように

強度を確保する前提で改造してみたいと思います。でも無理っぽいところは適度に妥協する方向で。

このMkⅢを注文した後にツイッターで、既にMkⅢを2本所有されている うっちーさんから、

「MkⅢには何種類かの仕様がある」との情報を頂きました。

うっちーさんによると、ヤフオクで中古のMkⅢを購入後、パークスからも新品を取り寄せたところ

各部の造りが大きく違う、とのことだったので、違いを知りたくてわざわざUPして頂いたのがこの写真です。

イメージ 7

・・・いや違う、この写真じゃなくて、このエミッターの写真。
イメージ 8

イメージ 11


エミッターの、真鍮ステムに対する固定方法が変わったようです。

他にも、グレネード先端部分(本来のグレネード的には後端)のテーパー部分とブロックの形状や・・・
イメージ 9
(ちなみにこの写真も、上が旧型、下が新型)

グレネード~クランプ~ブースター部分の接続方法なども変更されています。
イメージ 10

以前は(多分)ブースターパーツの端にネジが切ってあって、それを直接グレネードにねじ込めるように

なっていたと思うんですが、新型ではパークスの他のモデルと同じように、芯となるパイプに対して

各パーツをネジで固定する、といった仕様になったようです。

しかし固定方法はともかく、グレネードの形状に関しては、パークスのサイトに何年も前から

載っている写真を見ると(うっちーさん所有の物で言うところの)新型と同じ形状に見えるんですよね。

なんだかややこしい話になるので細かい部分は割愛しますが、どうやらこのセーバーにも

ちょこちょことマイナーチェンジが施されているようです。

そして今回、僕の手元に届いた物も、更なる仕様変更が行われていました。

この現行仕様のMkⅢと、ラスのオビANHとを並べて各部を比較してみたいと思います。


と、その前にまずは分解します。

グレネードからエミッターとステムを外します。
イメージ 12

エミッターには雌ネジが切られており、ステムを挟みこむようにして1本のボルトで固定されていました。
イメージ 2

最近になって付属するようになったというトランジスタ型のネジを外し、

クランプをエミッター側にスライドさせて外します。
イメージ 3

ここが今回のバージョンの大きな変更点です。クランプの下に隠れていた黒いメインボディは、

グレネードに対して接着(もしくは圧入)されているため、簡単には外すことができません。

しかしこのトランジスタ、見た目はちょっと微妙ですが(ヘソ残ってるし)、これが昔から付いてさえいれば

世界中のセーバー好きがトランジスタっぽいパーツを探すのに苦労しなくて済んだろうになぁ・・・
イメージ 4

次に2か所のイモネジを緩め、メインボディとブースター、ポンメルを外します。
イメージ 5

ということで、全バラシしたのがこの状態。
イメージ 6

さて、ここから各パーツを比較しようと思いますが、思いのほか記事が長くなりそうなので

次回に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿