2015年5月6日水曜日

切削~塗装まで、一応完了。

前回、中途半端なところで終わったグリップとポンメルへと続く円柱パーツのネジの噛み合い、

や~っぱりなんだかスムーズに行きませんでした。

結局これらのパーツにも、コンパウンドを塗りつけての擦り合わせをするハメになりました。

しかもポンメルよりもネジ部分が長いため、うまくねじ込めるようになるまでに結構な時間がかかり

最後の方は手の平にマメができてしまいました。

これは今後のことを考えると、雌雄のネジを切るときの寸法の組み合わせを

何種類かのテストピースを作って徹底的にテストしてみる必要がありそうです。




そんなこんなで全パーツが接合できるようになったので、塗装に移ります。

とは言っても、ルークHeroの時のように気合を入れてウレタン塗料を使うようなことはありません。

このセーバーは色が着いているのが基本的に溝の部分だけなので、

プライマーを吹いた後に汎用のアクリルスプレーをさらっと吹いて完了という、手抜き作業で行きます。

まずネジ部分だけをマスキングして、ミッチャクロン吹きつけ。

イメージ 1

こんな感じで真っ黒に。溝の底部分は色が乗りにくいので、何回かに分けて厚塗りしました。

イメージ 2

この状態のパーツをチャックに咥えて回転させ、凸凹の凸部分の塗料を削り落とす予定だったんですが

厚塗りをしすぎたせいか、なかなかアルミの地肌が顔を出してくれません。

なのでまずは、こんな風にグリップのエッジの部分だけを削り落としました。

イメージ 3

その後、真ん中に残った部分を爪でガリガリやって剥がします。

イメージ 4

この状態だとミッチャクロンの層が、表面に糊のようにこびりついているのでこれを削り落として終了。

溝のエッジの部分は面取りがしてあるので、マスキングできっちりと綺麗に塗り分けるのは難しいです。

そのため他のパーツも同じような要領で塗装しました。

ポンメルだけはちょっと違い、まずはこんな風に塗装。(画像はちょこっと剥がしかけてますが)

イメージ 5

塗装前に改めてキャプチャ画像を見てみたんですが、

どうもこのセーバー、ファーストビルド時はこの状態だったっぽいです。

ポンメルの底の部分の、ルークV2のような塗装の剥がれは一目瞭然なんですが、

よく見ると側面にも黒い塗料のこびり付きが確認できました。

これを再現するため溝部分にだけミッチャクロンを吹き、剥がす部分はアルミ地肌に直接黒を吹いてあります。

と、こんな作業をチンタラチンタラと何日かにわたって続け、全パーツの塗装終了。

イメージ 6

グリップとエミッターはこんな感じで連結されます。

このグリップの先端の雄ネジ部分にでもLEDを仕込む予定です。

イメージ 7

と言うわけで、セーバー本体は完成です。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

正直、特に思い入れがあるわけでもなく練習にちょうど良さそうという理由だけで作り始めたこのセーバーですが

それなりに苦労したこともあって、こうして形になったものを見るとデザインも結構気に入りました。(今更)

エミッター下の張り出し具合とか、各部の溝の幅とか、手直ししたい箇所が無いわけではありませんが…

あと、な~んかポンメルの色の剥げ具合がイマイチ気に入らないのでひょっとしたらやり直すかも知れません。

ワーキングセーバーにするとなるとLEDホルダーとかヒートシンクとかも作る必要がありますが、

今のところはまだ中身用のパーツが手元に揃っていないのでとりあえずはちょいと保留ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿