2015年5月6日水曜日

勢いで削り上げました。無数の失敗と共に。

昨日、中途半端な状態で終わってしまったフランジ状パーツの切削ですが、

今日家に帰ってきてから、ちょっとだけ…と思って削り始めたらなんだか止まらなくなり、

細かいところでいろいろ失敗しながらも、案外すんなりと形にだけはなりました。

アラも目立ちますが、でもまぁ良いんです。あくまで練習ですから。(と言いつつちょっとヘコんでたりして)

まず、メインボディへとつながるテーパー部分に段差を付けます。

表面には溝切りをする時の目安となるケガキが入れてあります。


イメージ 1

次に段差の角をテーパーに削ります。

イメージ 2

イメージ 3

このテーパーを付けるためにトップスライドを傾けた状態で固定して削るわけですが

削り終わってから良く考えてみれば、かなり無理な位置に固定していたことに気がつきました。

刃物台が不安定な上、送りハンドルも非常に操作がし辛い状態だったので、テーパーの面が

ちょっと荒れてしまっています。この後耐水ペーパーで修正しました。(反則技です)

ここまでくれば、あとは突っ切りバイトで4mmの深さの溝を切るだけ・・・なんですが

突っ切りはバイトが非常にビビりやすく、溝の底をキレイに仕上げるのが難しいです。

イメージ 4

ビビりが出そうでもある程度強気に、切削油を垂らしながら一定の速さで

送りハンドルを回すのがコツかも知れません。上手く削れている時も結構な音が出るんですが、

開き直ってバイトをグイグイ送り込むと上手く行きました。

あまり強気にやり過ぎると、刃がワークに食い込んで失敗すると思いますが。

幅の違う2本の溝を切ったら、エミッター側を突っ切ります。

イメージ 5

あとはひっくり返してチャックにくわえ、端面を削って面取りをします。

この端面削りのため、エミッター側のフィンはちょっと厚みを残して突っ切りました。

イメージ 6

これでこのパーツは一応完成です。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


5/18追記

なんだか全体的な形に違和感があったので、ちょっと修正。

イメージ 11

赤矢印の部分の厚みを少し薄くしてみました。これくらいのほうが劇中のイメージに近いかな?


こうしてとりあえず一つのパーツが出来上がったわけですが、

振り返ってみると我ながら段取りの悪さが目立ちました。

段付きのパーツを削る時の手順や、入りズミの仕上げの方法をもうちょっと研究しないといけません。

あと、不測の事態に備えてチャックの掴みシロを大きめにしたんですが、ちょっと大きすぎました。

寸法はほぼ図面の通りなんですが、出来上がった現物を見てみると、ちょっと直径が小さかったかな?

発注ミスした材料云々は抜きにしても、直径であと2mmくらい大きい方が良かったかも知れません。

これも他のパーツと組み合わせて見ないと何とも言えないところです。

でも、もし小さすぎたとしても流石にこれはやり直さないと思います。

さて、次にどのパーツを作るかはまだ決めていないんですが、どの部分にせよ次はねじ切りが必要になります。

ねじ切りはまだ試したこともないのでどうなることやら。

あ、そういや雌ねじ切り用のバイトも作ってないな~・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿