2015年5月6日水曜日

段取り変更しまくりでエミッター製作

エミッター部分の製作です。




前回作ったバイスですが、本当はあれを使ってパーツの下に敷くブロックを作り、中ぐり棒と併用して

エミッターを貫通するφ19の穴の加工を、「両センター固定」という方法で切削する予定でした。

でもその前に、オビANHのグレネード等にある、蛇腹へのタテ溝切りができないかと思って

端材をバイスに固定し、中ぐり棒で無理矢理溝を作ってみました。↓こんなの。

イメージ 1

一応、シャンクから刃が一本だけ突き出している中ぐり棒でも切削が可能なのは分かりました。

つまり刃の回転方向を工夫して、切れ刃の角度をしっかりと調整したフライカッターを作ってやれば

オビANHやROTSのグレネードパーツは作れそうです。(理論上は。多分、激ムズですが。)

それが分かったのは収穫だったんですが調子こいて深く切り込み過ぎたようで、切削の途中で

中ぐり棒が真ん中からひん曲がり、ワークがバイスから外れて吹っ飛ばされていきました・・・

しかも円柱形の端材を無理矢理固定したために、バイスのLアングルの1本にも歪みが生じる始末。

いずれ直さなければいけませんが、今、これの修理に時間を割くのは気が進まなかったので、

急遽段取りを変更しました。



というわけでやっと本題に入ります。ここからは画像いっぱいでお送りします。

まず材料を切り出し、(当初はチャックではなく両センターで挟み面版に固定する予定だったので、)

回し金で掴める太さまで端面を削りました。

イメージ 2

が、結局三爪チャックでの加工になりましたので、こんな把握になりました。細く削った意味が無かったです。

イメージ 12

まずは大まかに外径を切削。

イメージ 13

溝を切った後、エミッター先端のテーパーを付けます。

トップスライドのハンドルを、クロススライドの反対側に付け替えて加工しました。

イメージ 14
大まかな形は出来上がりました。

イメージ 15

次にこのパーツを貫くφ19の穴の加工ですが、パーツの全長は約85mmあります。(チャックの掴みシロ含む)

そこで今回は、教科書に従ってこんな方法で貫通穴を開けてみました。

イメージ 16

チャックにドリルの刃を咥え、ワークを手で支えて心押し台側からセンターで押し、ドリルの刃が

全長の半分くらいまで進んだらひっくり返して、一本の貫通穴にするやり方です。

上の写真は5mmのドリル刃です。このくらいはまだ良かったんですが、8mm、10mmと

ドリル刃を太くするにつれて、ワークが回転してしまわないよう、結構な握力を要求されるようになります。

あと、熱くなるんですよね~摩擦で。それでも10mmまでは必死こいて手で固定して開けました。

イメージ 17

しかし15mmのドリルとなるとかなりキツイです。

握力と気力が限界になってきたので、バイスプライヤーで挟んでみました。そしたらチョー楽チン。

最初からこうすりゃ良かった。

イメージ 18

とはいえ傷つくのが怖いので、銅の薄板を2枚重ねにして挟んであります。

最初、把握がちょっとゆるかったようで、ドリルの刃の食い込みに負けて空転してしまい、

表面を少し傷つけてしまいました。ま、完全に隠れる部分なので問題ないんですが。

その後プライヤーのネジを調整して、きつめに挟むようにしてやるとガッチリと固定され、空転せずに

最後まで穴あけができました。プライヤーで挟んだこと自体による傷はついていなかったので、

この方法を使うときは、ある程度思い切って強く挟み込んだほうがよさそうです。

(ホントは掴みシロを作っておくのがベストでしょうけど。)

φ15の下穴を開けたら、次は中ぐりです。ひん曲がった中ぐり棒をグラインダーで切って穴を開けなおし、

貫通穴用の中ぐりバイトを作ってみました。

往復で切削できるように、切れ刃はほぼ左右対称の角度をつけてみました。

イメージ 3

刃物台にセットするとこんな感じです。この長さのバイトを・・・

イメージ 4

ここまで突っ込んでやらないと奥まできっちりと削れないので、かなりギリギリです。

イメージ 5

何しろひどいオーバーハング状態での切削になるので、切り込みは最大で0.1mmほどにして、

できるだけ丁寧に削ります。といっても自動送りを使っているのでそんなに難しいわけじゃないんですけど。

ある程度まで穴の径を広げたら、用意してあった3/4インチブレードを突っ込んでみます。

イメージ 6

一応、ブレードはしっかりと収まります。φ19.1~19.2ぐらいの穴にするつもりだったんですが、

仕上げ削りで2往復くらいしたら、最終的にφ19,3強の穴になってしまいました。

イメージ 7

まぁ穴径がブレードよりも極端に大きくなったわけではないので、許容範囲でしょう。

ちなみにパーツの両端で穴の内径を計ると、約0.1mmの差がありました。

これは、中ぐりバイトが穴の一番奥のほうでは0.05mmほどたわんでいるということでしょうか。

次にねじ切りです。エミッター先端側にチャックの掴みシロを残してはあるんですが、

銅版を挟むとワークがぶれ易いので、回転センターの先に主軸用の少し太いセンターを挟んで

ぶれを抑えながら加工しました。

イメージ 8

この後、先端側の要らない部分を突っ切り、端面を仕上げればエミッターは完成です。

でも、突っ切りをやるには時間が遅くなりすぎたので断念。今日のところはこんな感じになりました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

これでエミッター~ネック部分は形になりました。

しかしとにかくきっちりと段取りをして、その通りに作業を進めるのが難しい。

絶対的に経験不足なのでこれも勉強だとは思いますが、もうちょい要領良くこなせるようになりたいところです。

そしてここまでの作業の経験から見えてきたものがあるので、残りのパーツの製作方法を

もう少し悩んでみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿