2015年5月6日水曜日

中途半端に製作開始

いや~ホビーショー行けば良かったな~。

あわよくば、と思ってたんですが、土壇場で仕事が入り断念。

でもその仕事も午後にほんのちょっとだけ、という内容だったので、

午前中と、仕事が終わってさっさと帰ってきた午後三時過ぎごろから中途半端に時間が開くという結果に。

こんなことなら無理やりにでも静岡に行くべきでした。

そんなこんなであまり進んでませんが、一応作り始めましたのでちょっとでも更新してみたいと思います。

まず、Dorkmanセーバーの図面の描き直しが終わりました。


イメージ 1

あっちを伸ばしてこっちを縮め、という作業を繰り返して少しずつバランスを修正し、

とりあえずは納得のいく外観になりました。でもこれが立体化するとまた色々出てくるんだろうな~…

そして実際の切削作業に入る前に、もう一本バイトを作りました。

イメージ 2
前回と同じくハイスの未研バイトから作った、真剣バイトです。切れ刃の角度は約60°にしてあります。

直角の入りズミを仕上げる時に使おうと思って作りました。片刃バイトでもスミの仕上げはできるんですが、

そのために左片刃バイトを作るよりも汎用性が高いと思ったのでこちらにしました。

テスト切削してみたんですが、(これは片刃バイトにも言えるんですが)

どうもバイトをワークに当てる角度によっても表面の仕上がり方が結構変わるみたいです。

・・・気のせいかも知れません。もうちょっと検証してみたいと思います。

さて、どの部分から作り出そうか迷いましたが、まずはこれから作ることに決めました。

イメージ 8

エミッター下の、張り出してる部分です。このパーツは特にネジを切ったりせず、

メインボディ側とエミッター側のパーツとで挟み込む構造にしますので、比較的製作が楽なハズ。

ちなみに材料の発注ミスにより、このパーツの一番大きな部分の直径を0.5mmほど縮める羽目になりました… 

でもまぁ基本的にこのセーバーは旋盤作業の練習のつもりだし、

多分そんなに気にならないと思うので、とりあえずそのまま進めることにします。

まずは外径を削って仕上げた後、下穴を開けます。

イメージ 3

写真に写っているのは15mmのドリルなんですが、これくらいがこの旋盤のドリルチャックを支える

MT2という規格のテーパーが耐えられる、ほとんどギリギリの太さだと思います。

特に穴がある程度深くなってくると、油断してほんのちょっと速く切り込むと、テーパーシャンクが空転します。

なので主軸の回転約250rpmで、ドリルの送りも極めてゆっくり行いました。

そうしたら、まるで花かつおのような極薄でふわふわした切り子が出てきました。

下穴を開けたら、次は中ぐり。

イメージ 4

イメージ 5

少しずつ穴を広げ、約25mmほどの穴になりました。

で、夜も遅くなってきたのでここでタイムオーバー。なんとも中途半端で消化不良な感じですが仕方ありません。

3爪チャックに一旦掴んだワークを外して、再び掴み直すと間違いなくブレが出ます。

ある程度の段階を削り終えるまではチャックに掴みっぱなしにしておかないといけませんので、

とりあえずこのままの状態をキープして、今週の平日に

仕事が早く終わったらちょっとずつ進めるしか無さそうです。



ちょっと余談。真剣バイトを作った後、テストでアルミをこんな形に削ってみました。

イメージ 6

イメージ 7

見ての通り、ROTJルークの蛇腹を意識してます。真剣バイトを作ったらやってみたかったんですよね~。

これは外径がφ25くらいなので実際のセーバーよりもだいぶ細目です。

この丸棒の横っ腹に真剣バイトを突き立てて溝を掘っていくと、バイトが激しくビビりました。

切削油をジャバジャバかけてやると多少はマシになりましたが、

溝をビビり跡無しの綺麗な状態に仕上げるのは非常に難しいです。

この写真の物も最後にペーパーをかけて修正してあります。

勝手な想像ですが、あのプロップの蛇腹って、ひょっとしてバイトのビビり跡を修正しようとして

ちょっと余計に切り込んだためにあの不規則さ加減になったのかな~と思うと、

なかなか感慨深かったです。

以上余談でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿