2015年5月6日水曜日

追加工始めました

2日連続で更新なんて久しぶりです。

さて、まずはグレネード先端の形状修正を行いますが、結構慎重にやる必要があります。

というのも、あまり強気に角度をつけて削ると、ステムをねじ込む雌ネジの溝に到達してしまう恐れがあるのです。

どういういことかというと、この状態のグレネード先端を・・・

イメージ 1

こうして、赤線のラインで削りすぎてしまうと・・・
イメージ 2

矢印で示す通り、先端が輪切りになってしまう可能性があります。

余談ですが、ラスの作ったレプリカの1stロット(番頭さんやEFINKさんが購入された物)

ではこの部分の雌ネジのピッチがやたらと小さくなっていたようですが、

それは多分このあたりが理由で、強度不足を嫌って雌ネジの切り込みが浅くて済むように

という狙いがあったんじゃないか、と個人的には思います。

CAD上で十分に検証し、ある程度余裕を持たせた角度と切り込み量を決めてから切削しました。
イメージ 9

こういった、完成している部品への追加工はいろいろと難しいです。

チャックで把握する部分が蛇腹状で不安定なため、下手をしてバイトを食い込ませなんかしたら

チャックの爪が滑り、修復不可能な傷がついてしまうと思われます。

そもそも、センターを出して振れをなくすためには四爪チャックで把握したいところですが、

僕は三爪チャックしか持っていないので、把握をちょっと緩めにしておいて、

ダイヤルゲージを当てながらハンマーで微調整し、無理やり振れを取りました。

なんとか削りあがったのがこの状態。
イメージ 10

もうちょい角度をつけても大丈夫だったっぽいんですが、無理をするのはやめました。

こうしてRBと比較すると、Pのほうはテーパー部分の高さが少し低いのが分かります。

切り込み量も、あまり外周ぎりぎりまで削ってしまうと、縦溝を切った時の加工跡に干渉しそうだったので、

加工跡ぎりぎりのところまででストップ。
イメージ 11

次に真鍮パーツの加工。

まずはステムですが、グレネードに装着した状態で加工するのも怖いので

丸棒を削ってヤトイを作り、そこにはめ込んで加工します。
イメージ 12

もうちょい、チャックに近い部分で固定した方が良かったかもしれません。

まずはエミッターとの接合部分にある、出っ張りを削り取ります。

今回、僕が考えている構造では、この部分は必要無くなるからです。
イメージ 13

細くしたい部分を、まずは目安として必要な位置まで削り込み、その後テーパー角度の修正を行います。
イメージ 14

見ての通り、ウインドヴェインのストッパーとなるピンぎりぎりの位置にバイトが来るので、

刃物台の角度合わせには気を使いました。

台座の付け根部分はRBに倣った雰囲気にしたかったので、先端を大きめのRに研いだバイトを使い、

手回しで削りました。
イメージ 15

この写真から見てとれるように、テーパーの段差付近にバイト目が残ってしまったので

少しだけ表面を削って修正しましたが、あまりやりすぎてネックが必要以上に細くなるのが嫌だったので

ほどほどに抑えました。まぁ色が着けばそんなに目立たないだろう、と思います。

同じようにウインドヴェインもヤトイにはめて薄々攻撃。
イメージ 16

ラッパ状に広がっている部分との段差が無くなってしまうと、見た目がかなりのっぺりとした印象になるので

これもぎりぎり段差が残るくらいまでで切り込みをストップしました。

このリングの外周を削るのは、見た目だけではなく、実は機能上の理由も絡んでたりします。

この後、削りあがった各パーツに、とりあえず色をつけてみました。

グレネードはRBと同じように、バーナーで炙ってヒートブルーに。
イメージ 3

RBの時とほぼ同じ工程を踏んだんですが、やはりちょっと色味が違います。

やや黒っぽく、艶消しな感じに仕上がりました。

オビANHとしては、こちらの方が雰囲気が出ているかも知れません。

ちなみにバーナーで炙った後、自然冷却も試してみましたが、その場合はあまり色が出ませんでした。

なので今回も流水で強制冷却して着色してます。

真鍮パーツも、前回と同じ黒染め液での着色。
イメージ 4

グレネードの雰囲気に合わせて、ちょっとだけ色を濃くしてみました。

ここまでくるともう、組み立ててみずにはいられなくなり、無理やりRBのエミッターを仮固定して

全体の雰囲気を見てみることにしました。

以前も掲載しましたが、これが加工前。
イメージ 5

これが加工後です。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

これだけでも結構、雰囲気が変わったと思いません?

(エミッターが別物なので当たり前っちゃあ当たり前ですけど)

しかしまだ、ワーキングセーバーとして完成させるためには、最低でも

連結用のパーツの製作をしなくてはなりません。

エミッターも、ワーキング用に強度を確保した構造の物を新造する予定です。

現在、各パーツの設計に悩んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿