2015年5月6日水曜日

ちょっとだけ迷ったけど、やっぱりポンメルも改造してみる

オビANHの製作ですが、いろいろと滞ってます。

ここしばらく、パーツを試作しながらあーでもないこーでもないと悩んでいたんですが

ちょっと中身の仕様を変更することになりそうな気配。

まぁそれはそれとして、とりあえず進んだ分だけでも更新していこうと思います。

というわけでタイトルにあるように、ポンメルを改造します。

パークス純正のポンメルは以前書いたようにエッジのダルさが気になるんですが、

それ以上に気になるのは、固定用のイモネジの頭が思いっきり露出していること。

イメージ 1

製造コストを考えると仕方がない部分なんだろうとは思いますが・・・でもやっぱりなんとかしたい。

とはいえ、この形状のポンメルを一から作るのって、かなりシンドイです。

そこで、以前から目を付けていたコレを使ってみることにしました。
イメージ 2
イメージ 13

TCSSの 「MPS Pommel style 3 v2」 です。

この写真で見る限りなかなか良い形をしているみたいだし、商品説明にある「1.93" Outside Diameter」

つまり約49mmという外径もちょうど良さそうだったので、思い切って購入。

届いた現物を、RBのポンメルと並べてみました。
イメージ 20

ネジ部分とか、エンドキャップ側の形状の違いはありますがそれはまぁ良いんです。どうせ削り取るから。

問題はブロックの形状。真横から見るとこんな感じです。
イメージ 21

・・・うん、ちょっとエッジが立ち過ぎながらも、良い形だと思います。

ブロックの谷間にエンドミルによる加工痕が結構派手に残ってますが、指の腹で触ってみると

思ったより滑らかな感触で、ザラザラしていません。これなら、すこし研磨してやればすぐに修正できそう。

昨年の大阪オフではandersonさんのMHSセーバーを触らせて頂いて、チャンバラまでさせてもらいましたが

こうしてMHSパーツ単体をじっくりと見るのは初めてです。

内側もちゃんとリーマーで仕上げてあったり、丁寧な作りだと感じました。

こうして見ていると、ちょっとMHSで一本組んでみたくなったりして。

でも、このポンメルはガリガリ削って、内径も中ぐりで広げます。
イメージ 22

不要な部分を削り落した後、Dリングが通る穴をあけておきました。
イメージ 23

構造としては、基本的にRBのポンメルを踏襲した造りにするつもりです。

なのでインナースリーブを作成。後端にはピッチ1.0の雌ネジをきりました。
イメージ 24

このインナースリーブを被せることができるように、ブースター側も加工しました。
イメージ 25

ブースターにスリーブを被せ、そこにMHSのポンメルを通した状態で、

エンドキャップのネジ込み具合を確認しています。
イメージ 26

エンドキャップのセンターには、M10のタップで雌ネジが切ってあります。

チャックにくわえたアルミの端材にダイスでM10のネジを切ってヤトイを作り、

そこにエンドキャップを締め込んで仕上げの加工をします。
イメージ 3

次に、ここにはめ込むパーツの製作。

まずはアルミの丸棒をΦ10まで削り、ダイスでM10のネジを切ります。M10ともなると、結構力が要ります。
イメージ 4

このネジの端面に溝を切っておきます。
イメージ 5

径が太い部分を突っ切りバイトとノコギリで切断し、ひっくり返してヤトイに締め込みます。
イメージ 6

このパーツには非常に緩い角度のRを付ける必要があるので、まずはこんな風にテーパー削り。
イメージ 7

何度か角度を変えてバイトで削った後、ヤスリで角を落とします。
イメージ 8

気になる部分を少しずつ修正し、ペーパーや研磨用ナイロンを使って仕上げました。
イメージ 9

と、サクサク進んだように見えますが実はそれなりに苦戦しつつ、ポンメルのパーツ完成。
イメージ 10

実際に組みつけてみます。

まずはインナースリーブをブースターにイモネジで固定。
イメージ 11

ここにMHSポンメルを通します。
イメージ 12

エンドキャップを組み立てます。見ての通り、ねじ込んで固定するんですが・・・
イメージ 14

締め込むのが何の手がかりもないパーツなので、最後はこうしてマイナスドライバーを使って増し締めします。
イメージ 15

これをインナースリーブにねじ込んでしっかりと固定すれば組み付け完了。

MHSポンメルは挟み込まれているだけなので、ブロック(Dリング)の位置も自由に調整できます。
イメージ 16

ブロックの谷間の切削痕を削り落した後、全体を同じ番手のナイロン不職布で研磨してみました。
イメージ 17
イメージ 18

イメージ 19

このポンメルって実物のASハンドルはプラにメッキなのでそうそう色あせることは無いんでしょうが、

こういう艶消しの状態もこれはこれで悪くないな、と思いました。

この艶消し状態で仕上げにして細かい擦り傷なんかは気にしない方向で行くか、

コンパウンドでピッカピカになるまで研磨してクリヤー塗装で仕上げるか、ちょっと迷っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿