2015年5月6日水曜日

しつこく下準備あれこれ

まずはDorkmanセーバーのネック部分のパーツが出来上がったわけですが、

このパーツは唯一、三爪チャックとバイトを使って普通に削り上げることのできるパーツです。

次に作るパーツはどの部分にしても

・ねじ切り

・少なくとも50mm超の中ぐり切削

が発生します。(ポンメルの中ぐり距離はそんなに長くはならないと思いますが。)

そのためにはまだ作らなければならない治具等があるんですが、前回はとりあえずセーバー自体の

パーツを作ってみたくて見切り発車してしまいました。

でもここで必要になる道具は一旦作ってしまえば後々かなり活躍してくれると思いますので、

はやる気持ちを抑えて必要なアクセサリーの製作をすることにしました。

まず、鉄板の土台に穴を4か所追加してM6のタップを立てます。


イメージ 1

その後、炭素鋼の角棒と市販のLアングルを切断した物を組み合わせて各所に穴開け、ネジ切りをして…

イメージ 2

こんな感じのバイスを作りました。

イメージ 6

こうして書くと、まるですごくあっさりと完成したように見えますが結構時間がかかりました。

実質、今日一日はほとんどこのバイスを作るために費やしてしまいました。

実際に使うときは、こうやってダイヤルゲージを当てた状態でクロススライドを動かして針の振れを見て

アゴの位置を微調整し、主軸に対する直角を出します。(精度が必要ないときはこの工程は省略します。)

イメージ 7

そしてもう一つ、長い距離のボーリング用に、中ぐり棒を作りました。

といってもこれは生鉄の丸棒の両端にセンタードリルで穴を開け、中央にバイトを差し込む穴と

バイトを固定するイモネジ用の穴を開けただけです。

イメージ 8

こんな風に、チャックを外して主軸側に面盤と固定センター、心押し台側に回転センターを付けて

両端をセンターで支え、回し金で固定して面盤と一緒に回転させて使います。

イメージ 9

本来やろうと思っていた使い方とはちょっと違いますが、試しに転がっていた端材を削ってみました。

イメージ 10

イメージ 11
切削の途中で主軸の回転数を変えると、切削面の様子が変わりました。

回転数を上げるとほんの少しですが切り込みが深くなるようです。

おそらくこの中ぐり棒自体が遠心力でたわんでいるものと思われます。

イメージ 12

まだこれ一本しか作ってないんですが、φ10の丸棒に対して長さが300mmなので細長すぎです。

φ15の丸棒でも作る予定ですが、今回のRvDセーバーは3/4インチブレードを使うつもりなので

これが必要になるのです。

先日、ヤフオクでこのドリル刃を¥210という価格で落札することに成功しました。(ちなみに送料¥500)

これくらいのドリル刃をもし新品で買ったら、一本¥10000でも足りないと思います。

イメージ 13

φ21.5とφ20の極太ドリルです。今まで持っていたドリルの最大径はφ15だったので

中ぐりの下穴用にもう少し太いドリルが欲しかったのです。

恐らくですが、元はテーパーシャンクのロングドリルだった物を

切断、加工し、チャックで掴めるように改造した物だと思われます。ミニ旋盤にはもってこいです。

旋盤に装着するとこんな感じに。

イメージ 3

イメージ 4

普通に考えると、旋盤の大きさに対してどう見てもオーバーサイズです。本当に有難うございました。

って感じなんですが、まあそれは良いんです。下穴用だし、若干の無理は承知の上なので。

でも、3/4インチ用のブレードホール(φ19.1)の加工には径が太すぎて使えません。

なのでその場合にはφ15のドリルを使って下穴を開けることになるんですが

そこにサイズピッタリのφ15の中ぐり棒を突っ込んで加工することはできないので、

穴径をせめてφ17~φ18くらいまで広げてやるために、このφ10の細い中ぐり棒が必要になるという訳です。

まぁこれもあくまで頭の中だけで考えてることなので、実際にやってみてどうなるかは分かりません。



そして先日作ったねじ切りバイトを使って、雄ネジを切る練習をしてみました。

イメージ 5

何しろ初めての経験なのでねじ切り用のギヤの組み替えに結構手間取ってしまいましたが、

ねじ切りの作業自体はそれほど難しくは無かったです。一回切り込み過ぎて失敗しましたけど。

バイトの切り込み跡が徐々に形になってゆき、しっかりとしたネジ山になった時にはちょっと感動しました。

さて、これで一応準備はほぼ整いましたので、次はエミッターパーツを作ってみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿