2015年5月6日水曜日

さくせん 【いろいろやろうぜ】

さて、またやってしまいました。

前回ほぼ完成状態となったグリップですが、あの後チャックから外し、ひっくり返して

不要な部分を突っ切ろうとしたところ「ガツッ」とバイトが食い込み、

チャックで掴んでいた部分が豪快に傷ついてしまいました。

せめて無傷の部分だけでも再利用できないかと悪あがきしてみましたが、どうにも突っ切りが上手くいかず。


イメージ 1

まぁそもそもひっくり返してから突っ切るという作業手順が良くありませんでした。

ネジきりの練習台として雄ネジだけは切りましたが、

なんだかケチついたようで嫌だったので、結局こんな感じで作り直しました。

イメージ 2

せっかくなので今回は二分割にして、両端を雄ネジにしました。

本当は前回作ったやつも両端雄ネジにしたかったんですが、一体型のパーツだと全長が長くなりすぎ

加工が困難なので、やむを得ず片側を雌ネジにしていたのです。

こんなふうに段差をつけて、二つのパーツをピッタリとはめ合えるように削りました。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

これを、このロックタイトの嫌気性接着剤で固定します。

イメージ 16

実はこの接着剤、(この写真のタイプとちょっと種類は違いますが)仕事で扱うことがあるので、

強力なのは知っていました。ただし、固定したい物同士の隙間が大きすぎると接着能力が全く発揮されないので

はめ合い部分の寸法を結構シビア(このタイプの場合、隙間が最大0.13mm以下)に仕上げる必要があります。

それもあってちょっと敬遠していたんですが、きっとまたいずれどこかで使う機会も出てくるでしょうから、

ここで実験的に使ってみました。

表面を洗浄脱脂した後に、会社から持ってきた専用のプライマーを吹いて、こんな風にまず一滴垂らします。

イメージ 17

これを爪楊枝で薄く延ばし、全体にまんべんなく広げます。

イメージ 18

全体に広げるのに、二滴も垂らせば十分でした。

この接着剤、嫌気性というだけあって空気が遮断されないと硬化が始まらないので、写真を撮る余裕があります。

とはいえ硬化促進剤入りのプライマーを吹いているので、あまりのんびりもしていられません。

こうしてパーツをはめ込んで、歪みが無いようにナイロンハンマーで極めてかるーく叩いて密着させます。

イメージ 19

あとはセンターで押して固定し、30分以上放置。

イメージ 21

こうして、めでたく両端が雄ネジのグリップが完成です。

イメージ 20

念のために雑巾を絞る要領で、全力でねじってみましたがビクともしません。

少なくとも普通の人の力では、外すのはまず不可能だと思います。

次にポンメルを作ります。スピーカーをつけるとしたらφ23の小型スピーカーになるので、

中ぐりしてその分の内径を確保します。

イメージ 3

外側の溝を切って・・・

イメージ 4

最後端にテーパーをつけます。

イメージ 5

テーパーの角の部分を削り落とした後、耐水ペーパーを使って丸みをつけました。

イメージ 6

あとは雄ネジを切って、切り落とせば完成です。

イメージ 7

最後に作るのが、ポンメルとグリップの間のパーツ。

これを最後にしたのは、ポンメルとグリップにそれぞれ切られた雄ネジの外径を基にして、

雌ネジの寸法を決めたかったからです。

まずは中ぐり。このパーツが、このセーバーでもっとも大きい内径を持ったパーツです。

イメージ 8

外径切削は直径で2mm程削るだけであっさり終了。

その後雌ネジを切るための下準備で、端から10mmほど奥に、ネジきりバイトの逃げ場となる溝を掘りました。

イメージ 9

今回は、ここにねじ込むポンメルの雄ネジの寸法もきっちり測り、そこから計算して

このパーツの内径もバッチリの寸法に仕上げ、切り込み量も少なくして丁寧にネジを切ったんですが・・・

な~んか上手く行きません。ちょっとねじ込むと、ギチッと詰まってしまいます。

色々考えましたが、これはどうも往復台のガタが原因っぽいです。

長くなるので細かい説明は割愛しますが、やっぱり旋盤自体にちょっと手を加える必要がありそうです。

それはそれとして、このねじ込めないポンメルどうするよ・・・ また作り直し?・・・

とか思ってだいぶテンション下がってたんですが、

ダメもとでポンメルの雄ネジ部分に粗目のコンパウンドをぬり、無理矢理限界までねじ込んでは緩め、

ねじ込んでは緩め、とやってみたら・・・

さっきよりもほんの少しだけ奥までねじ込めるようになった!気がする!

さすがにもう作り直しはしたくないので、コンパウンドとCRCで手とパーツをベッタベタにしながら

狂ったようにパーツをネジネジすること約一時間。なんとか奥まできっちりねじ込むことが出来ました。

ちなみにこれが作業途中の状態。この時点では、ここまでしかねじ込むことが出来なかったのです。

イメージ 10

イメージ 11

いや~でも何とかなってホントに良かった~・・・

とまぁこんなことをやっているうちに、グリップとの連結用の雌ネジを切っている時間は無くなってしまいました。

毎度の事ながら中途半端。

イメージ 12

もうちょっとで全パーツを合体させることが出来ます。

次の更新では、溝の塗装まで含めて、ガワとしては一応の完成形にできると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿