2015年5月6日水曜日

An emitter plug for the beauty from Finland

4月の第3週目以降になればだいぶ仕事に余裕ができて、セーバーも思う存分いじくれるだろう・・・

と思っていたら、思っていた通りどころか異常にヒマになり過ぎそうで戦々恐々としておりますヤマビコです。

でも現実として仕事が少ないのはどうしようもないのでジタバタしてもどうにもなりません。

開き直ってアルミのキリコの山を生産しておりました。

とりあえず練習も兼ねてこんなの作りました。仕上げとかはものすごく適当ですが・・・


イメージ 1

刃高ゲージです。旋盤の刃物台にセットするバイト(刃物)の高さを調整するために使います。

イメージ 2

こんな風に旋盤の軸に高さを合わせてあるので、バイトを適正な高さに合わせる時に非常に重宝します。



さて、旋盤を使ってまず作ろうと思っていたセーバー関係のパーツ。

それはえぬむらさんが手に入れたCFセーバーのエミッタープラグです。

なにしろえぬむらさんには、某掲示板で塗装についてのアドバイスを頂いたことから始まり、

キルプラグをプレゼントして頂いたり、ここではとても書けないようなあんなことやこんなことをして頂いて

お世話になりまくっているので、ちょっとでもお返しできればな~と思っていたのです。

・・・その割にはお返しがほぼ練習台ってのはどうよって感じですが。そこは気は心ということでひとつ。

まずは材料の切り出し。突っ切りバイトで、φ28のA2017(ジュラルミン)の丸棒に、限界まで深く切り込みます。

イメージ 7
中心部にはまだφ10ほど切り残しがあるので、こんな風に金切りノコを当てて旋盤を回します。

イメージ 8

ちなみに背面のスプラッシュガード(キリコ受け)は、何かと邪魔なので外して立てかけてあります。

ノコギリをしっかりと両手で保持してゴリゴリやると・・・

イメージ 9

面白いように中心部が削れて行きますので、ここまで来たら後は手で折り取ります。

次は中をくり抜くため&最後にチャックで掴む部分をスムーズに切り落とすために下穴を開けます。

イメージ 3

下穴は45mm程の深さにしたいんですが、この旋盤の心押し台のストロークが40mmしか無いので、

40mm掘ったところで心押し台を前進させて掘り進みました。

ドリルの刃に、目安となるラインをマジックで墨出ししてあります。

下穴を開けたら次は端面削り。エミッターの「顔」の部分なので出来るだけ綺麗に仕上げます。

イメージ 10

最初、イマイチ綺麗に削れなかったのでバイトを研ぎ直してみたところ、目に見えて切削面が綺麗になりました。

仕上げの切削の前にバイトを研ぎ直すか、仕上げ専用のバイトを用意した方が良いみたいです。

次に外周を削ります。とにかく切削面を綺麗に仕上げるのが難しい。まだまだ経験を積まなくては。

イメージ 11

現物の外周のサイズを測りながら慎重に削り、内径25.5mmのブレードホルダーに対して

きつ過ぎずゆるすぎず、という状態にしないといけません。

特に、今回作ろうとしているのは突起物が無いタイプのエミッターを持つセーバー用のプラグなので、

変にジャストサイズ過ぎて、プラグが取り出せなくなったらシャレになりません。

イメージ 12

この安物のデジタルノギスの1/100mm以下の信憑性って微妙なんですが、とりあえず削りはここまで。

この状態で、試しにアナキンROTSのエミッターに突っ込んでみると…

イメージ 13

結構良い感じ。・・・だと思います。多分。

チャックで掴んでいた部分を突っ切って切断し、中ぐり加工。またムズいんだこれが。

イメージ 4

イメージ 5

せめてもうちょっと大きな下穴が空いていればまだ良いんですが、今回のようにφ10の下穴だと

余計にやりにくかったです。イマイチ綺麗に仕上げることができませんでした。

イメージ 6

中ぐりし始めてから、これがブレードを固定するイモネジで圧迫されるパーツだということを思い出して

内径をあわてて変更したために、穴の手前付近だけ、奥の方よりも径がほんの少し大きくなってます。

今日出来たのはここまでです。とは言ってもあとはそんなに大した細工をするわけでもないんですが…

出来たら速攻でえぬむらさんに送りますので、後はよろしくお願いします。(と丸投げしてみるw)

あ、でももし致命的な不具合とかがあったら教えて下さい。あくまでもコッソリと。

0 件のコメント:

コメントを投稿