2015年5月5日火曜日

オビワンTPM 2 待望の瞬間!ってほどでもないですが

前回の最後にちょろっと書きましたが、FX-SabersのFoeSaleスレッドで、UltraSound2.5を購入しました。

USPSの国際メール便でしたが、買った日から約10日で到着。


イメージ 1

もちろんこれは、まずはルークROTJに組み込むつもりで買ったんですがその前にやる事がありました。

オビワンTPMのヒルトに、サウンドボードだけでも組み込めるように加工しておきたかったのです。

TCSSのHPなどで基盤のサイズ自体は分かりますし、このセーバーにUS2.5を使うとは限らないんですが

それでもやはり、現物を実際にあてがいながら作業がしたかったので、今まで手をつけませんでした。

基盤のサイズは、約26mm×51mm。それを、だいたいこんな感じで配置するイメージです。

イメージ 2

このセーバーに使うことになる可能性が最も高い、TCSSから発売予定のサウンドボードは

未だに詳細な仕様の発表すらないのでどうなることやらって感じですが、

少なくともこの『1インチ×2インチ』というフォーマットをそうそう大きく変えてくることはないはず…

下手に(特に横幅を)大きくしたりすれば、世界中のセーバースミス達にそっぽを向かれかねないですからね。

とりあえず、中身のパイプと黒いスリットを外して基盤を突っ込んでみます。

イメージ 7

うん、やはりヒルトの一番外側のパーツの内径的には、十分基盤を収めることができそう。

しかしこのままだと、内側のパイプとスリットを加工して基盤を収めたとしても

ややグリップのほうに基盤がせり出しすぎです。そうするとグリップ部分のクリスタルシャーシの造作が

非常に困難になるので、まずはエミッター側のパーツを加工します。

エミッター側のパーツは内径約28mmなんですが、20mmほど奥へ行くと一段狭くなっているため

基盤に干渉してしまいます。なのでこんな風にドリルで無理やり掘り進んで…

イメージ 8

十分な深さの溝が掘れたら、リューターでバリを取ります。

イメージ 9

こんな感じで両側に溝を作って、このパーツに基盤を約30mmほど差し込めるようにしました。

次に中身のパイプの加工。このパイプはもう、絶望的に細いのでかなり派手に加工する必要があります。

まずは慎重に寸法を測ってケガキを入れて…

イメージ 10

そのあと、パイプカッターを使って思い切ってぶった切ります。

イメージ 11

・・・これでもう、後戻りはできなくなりましたw

で、このパイプのエミッター側に収まる方の横っ腹に、まずはちょっと細目のキリで穴を開けます。

ズラ―――ッ と。

イメージ 12

次に5mmのキリを使って、この穴一つ一つを拡張してやります。

イメージ 13

その後、ニッパーとリューターとヤスリを使って断面を整え、基盤を差し込むスペースを作っていきます。

最終的に基盤を差し込む時には、基盤の縁に何らかの絶縁体をかませる予定なので、結構豪快に

やや広めの溝を作りました。

まだまだ均し足りませんが、今回は基盤を収めるテストが目的なのでとりあえずはこんな感じで。

イメージ 14

エミッターにこのパイプを差し込んで固定し、基盤を入れてみると…

イメージ 3

エミッターのパーツからの基盤の「出」を、狙い通りの20mmにすることができました。

後は、このパイプに被さってくるスリットパーツ側にも同じ要領で溝を作ってやれば

基盤のスペースの確保は完了。

イメージ 4

ちなみにエミッター側から覗くとこんな感じで収まってます。

イメージ 5

基盤さえ仕込めてしまえば後はスペース的に結構余裕があるので、ワーキング化自体は

なんとかなりそうです。まぁ、クリスタル部分の構造をどうするかという問題は残ってますが…

イメージ 6

このスリットの中に何らかの形でシャーシを組み込むつもりなんですが、問題はその露出のさせ方。

THE NEGOTIATORのように、中身をクルリと回転させる方法を採りたいんですが…

以前、SHINOさんも書かれていましたが、Yoda氏は恐らくこのグリップ周辺とネック部分に

オリジナルパーツを使っているようなので、このあたりの処理はもうちょっと考えないといけません。

ま、とりあえず基盤が収まったからイイや。次にこのセーバーをいじくるのはいつになることやらw

0 件のコメント:

コメントを投稿