2015年5月6日水曜日

下準備あれこれ 2

続きです。

なんとか鉄板に6か所の穴を開け、加工は終了しました。

これを実際に旋盤に組み付ける時は、まず旋盤のトップスライドを外します。


イメージ 1

トップスライドは、その下のクロススライドにM6のボルト2本で固定されていますので、これを外します。

イメージ 2

外すとこんな感じ。

イメージ 8

旋盤の機種によってはここにT溝が切られていて、直にワークやアタッチメントを固定できるモデルも

あるようですが、比較的安価に出回っているこのタイプの旋盤ではそれができません。

かといってクロススライド自体にタップ加工とかするのはちょっと・・・ 失敗したらシャレになりません。

そのためにわざわざ土台を新造する必要があったのです。

イメージ 9

こんな風に固定します。裏面のフラットバーは、

見ての通り既存のクロススライド固定用ビス穴2か所の位置が偏っているので、

土台のズレやガタを防ぐためのストッパーとしての機能を狙いました。

裏からM6のボルトを通します。

イメージ 10

このボルトを手掛かりにすれば、土台にしっかりとワークを固定できます。

ちなみに下はあくまで「こんな感じ」という雰囲気を出すために撮った写真なので固定方法とかはデタラメです。

イメージ 11

心出しさえしっかりとして固定してやれば、こんな風にチャックにドリルを咥えて下穴を開けることができます。

イメージ 12

イメージ 13

ドリルで穴を開けた後は、バイトによる中ぐりではなく「裾えぐり」という方法で

丸棒を中空にする加工も可能になりますし、エンドミルやフライカッターを使って簡単な

フライス作業をすることもできます。もっともこれだとZ軸(上下)方向には動かすことができません。

それをやろうと思うと専用のバーチカルテーブルというやつが必要になるんですが、それはまた今度。

これでだいぶ加工の幅が広がりました。

あと、いくつかバイトを自作してみました。といってもほとんど完成バイト(未研バイト)を削っただけですが。

イメージ 14

左から、右片刃バイト、雄ネジ切りバイト、中ぐり用バイトです。

左2本は全身ハイス、中ぐり用も切れ刃部分はハイスです。

右片刃バイトはちょっと前に作ったやつで、えぬむらさんに贈ったエミッタープラグ2個のうち、

発光タイプの外径と端面はこれで削りました。その結果、超硬ロウ付けバイトよりも切削面が

綺麗に削れるように感じました。ただしこれは、僕のグラインダーに超硬チップを研磨できる

砥石が付いていないため、ロウ付けバイトを十分に研げていなかったのが原因かも知れません。

ねじ切りバイトは作ってはみましたがまだテスト切削はしていません。

中ぐり用は、やはりエミッタープラグを作る時にちょっと苦労したので、使いやすさを考えて作ってみました。

イメージ 3

イメージ 4

S45C炭素鋼の角棒に、3mmのハイス丸棒を差し込んでイモネジで固定してあります。

全長もちょっと長めにして、有効長が最大80mm強あります。

ただし、実際にはバイトのビビりが激しく出ると思われるので、どれくらいの深さまでが実用可能かは

まだ分かりません。そして見ての通り、通常の中ぐりバイトとは刃の向きを逆にしました。

これは作業時に少しでも自分から見えやすい箇所で切削を行うためで、このバイトを使うときは

当然主軸モーターは逆転させて使います。ちょっと試しに削ってみました。

イメージ 5

イメージ 6

こんな感じで、中ぐりはバイトの刃先が奥に進むと目視による確認が非常に難しくなります。

それを少しでも緩和するために、自分から見て遠い側での切削を行い、死角を少なくするようにしました。

まぁ、ある程度以上の深さになると結局は見えなくなりますが・・・

それよりも、細目の刃先で削った切削面が非常にキレイに仕上がったのには驚きました。

イメージ 7

今まで削った中では、一番滑らかに削れたかも知れません。刃先の形状が良かったのか?

と、言うことは・・・ 片刃バイトも、もう一回研ぎ直してみようかな。


な~んてことをやってるうちに、やっと取れた休みの一日があっという間に終わってしまいましたとさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿