2015年5月5日火曜日

オビワンTPM 1 Hollow saber 適当にレビュー

FX-Sabersのスレッドで申し込んだ、パークス製オビワンTPMの中空ヒルトです。


最初、「光剣浪漫」の記事でSHINOさんが紹介されていたために知ったんですが、

中空になっているとはいえ、パークスのフェーズブレード(3/4インチ)を使用する前提で設計されているこのシリーズ。

果たしてLuxeonやLedEngineの高輝度LEDやサウンドボード、1インチのブレードを使った

ワーキングが可能なのか?と思案していたところ、

光刃工房のマットさんがこのシリーズを見事にワーキング化されているのを見て思わず購入に踏み切ってしまいました。

せっかくなのでちょっといじくりまわして、詳細を書いてみます。

エミッター側から。

 全部バラすとこんな感じなんですが・・・
 


これ。このアルミパイプがセーバーをエミッターからポンメルまで貫いており

このパイプに対して各パーツをネジ止めしていくという構造になっているため、

ワーキング化に当たってはこのパイプは結構な切削加工が必要になりそうです。


最近、¥1580で投げ売りしてた時に買ったこのデジタルノギスが大活躍してます。

パイプの内径は3/4インチのブレード用なので約19.2mm。

じゃあその一つ外側、スリットが入った黒いグリップ部分はというと

 内径約22.5mm。外形は28mmです。

グリップの一番外側のパーツは内径約28.7mmなので、無理やりスペースを作ってやれば

なんとかサウンドボード等を納めることはできそうです。(基盤の幅を約26mmと仮定して)


ブレードホールはアルミパイプ無しの状態での内径が約22.5mm。1インチのブレードを使うのであれば

ここも穴の径を少し広げてやる必要があります。




ポンメルに収まっていたパーツ。カバーテックノブ、グリップのアルミパーツ、ポンメル、そしてこの白っぽい樹脂の部分を

まとめて1本のビスで貫通して固定してありました。ここも固定方法を変更することになるでしょう。

しかしこの部分、ひょっとしたらこの樹脂のパイプがフェーズブレードの素材なのかな・・・?

結構な硬さです。パークスのサイトには、

「ウチのブレードはチャンバラ可だけど、ブレードよりもオマエの指や骨が壊れちまうぜ、やめときな!」

みたいに書いてあってハッタリかましてるだけだと思ってたんですが、ブレードにこの素材を使っているとしたら

あながちハッタリとも言い切れないかも。ガチでチャンバラやってて、ブレードの先っぽのほうで指を叩かれたりしたら・・・

ブレードの硬さ、弾力性、遠心力と相まって、マジで指の骨ぐらいは折れてもおかしくありません。
 




加工するのはもうちょっと先になりそうですが、こうしていろいろ考えてる時間もなかなか楽しいです。

このオビTPM、FXライトセーバーのモデルもなかなか良い出来なので、アナキンのように

コンバージョンキットで改造もありかな~と思ったんですが

それでもわざわざ空ヒルトを購入したのはFX-SabersのYoda氏が作ったTHE NEGOTIATORのように、内部に凝りたかったから。

このYoda氏のセーバーはグリップ部分のパーツ等がオリジナルっぽいので同じ構造で、というのは

難しそうですが、志だけは高く、なんとか雰囲気だけでもこんな感じにしたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿