2015年5月5日火曜日

良い子の為のライトセーバー 0

明けましておめでとうございます。

昨年末は、あまりの忙しさになかなかセーバー製作を進めることができませんでした。

当初の予定ではアナキンを速攻で完成させ、年内にルークROTJの加工図面を引き終わり、

年明け早々にも工場に出荷し、加工を待つ間にも次のセーバーを物色し・・・

なんて考えていたんですが、未だにアナキンが完成しません。

もっともそんなに次から次へとセーバー購入するお金も無いんですが。

そんなこんなでフラストレーションを溜め込んでいたころ、せめてものストレス解消にと

子供用にやっつけで作ってみたのがこれです。




子供が夏祭りの屋台で買ってきたピカピカ光る棒のようなオモチャを見ていて思いつきました。

普通にホームセンターで売っている、塩ビの水道管パイプと関連パーツ、φ19のアクリルパイプを使いました。

ブレード部分の長さが約40cm、握る部分は直径がφ18のミニサイズ。

起動スイッチは、何かに使えそうなのでTCSSで買っておいたこれをポンメルに装着。







LEDは、点灯してみたらほぼ緑色だったために不採用になった

Luxeon 3W のシアンを使用。レンズもちゃんとしたLuxeon用です。







ブレード先端は、スーパーボールをちょっとだけカッターで切り落とし、

ブレード内部になる部分にアルミ箔を張ったものを、ビニルテープで止めてあります。

柔らかいので子供が振り回しても安心です。





ブレードには子供用とはいえ、アナキンFXと同じOPPフィルムを巻いていれてあるので

なかなかきれいに発光してくれます。
 

 



しょぼいカメラのせいか私の腕のせいか、水色っぽく見えますが、実際にはほとんど緑色。

夜、暗い所で見る信号機の青に非常に近いイメージです。

ヒルト中央に仕込んだ単四×2本で駆動させてます。

もうすぐ3歳になる息子に見せたところけっこう喜んでくれたんですが、

どうもアナキンFXをさわらせた時のことを覚えていたらしく、

ブレードをパシパシ叩いては「あれ~?あれ~?」と、音が出ないのがやや不満げ・・・

この細さの中に音声基盤とショックセンサー仕込むのはちょっと無理。勘弁してくれ息子よ。


0 件のコメント:

コメントを投稿